TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/21 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2813444 更新:2012年12月30日

向山型算数のQA


Q1  簡単な問題もできない子がいます。どうすればいいいですか。

A1
赤鉛筆で薄く書いてあげるのです。
「なぞってごらんなさい」
子どもはなぞってきます。
○をつけます。
子どもは喜んで問題に取り組むようになります。

Q2 向山型算数は、テンポよく進みますが、授業1時間に教科書のどこまで進んだらよいのでしょうか。

A2
基本的には、教科書会社の示す時間通りです。
しかし、若干の修正が必要です。
それは、あかねこ計算スキルを見てください。
スキル1ページが1時間分です。
スキル通りが目安です。

Q3 授業が単調になってしまいがちな気がします。改善方法は、どうしたらよいでしょうか。

A3
ほめ言葉が足りないせいです。
それは、言葉が削れていない証拠です。
「言葉を10分の1に削れ」と向山氏は言います。
選りすぐられた言葉だから、「指示」「確認」「賞賛」の心地よいリズムが生まれるのです。

Q4  教科書を使う向山型算数にも、操作活動はありますか。例えば、3年生の「デシリットル」「リットル」の扱いはどのようにしますか。

A4
特に、1,2年生には操作活動が必要な単元があります。
3年生の単元でも必要でしょう。
子どもは体験によって学習を成立させるからです。

Q5 九九ができても、割り算の商の見当が立てられない5年生がいます。どうすればよいのですか。

A5
教えてあげればいいのです。
商だけは教えてやる。
九九の表を持たせて、いつでも見ていいようにしておけば、いずれ自分で立てられるようになります。
それまでは、教えつづけるしかありません。

Q6 テンポのよさをどうしたら身に付けられるでしょうか。

A6
テンポ・リズムを身につけることは一朝一夕にはいきません。
まず、ライブでテンポのよい授業を受けることが絶対条件です。
イメージできないことはやれないからです。
次に、サークルで模擬授業をすることです。
「テンポ・リズム」は技術ではなく、技能です。
ライブで修業しなければ身につきません。

Q7  説明はさせないのでしょうか。板書させ、自分のやり方を説明することができるのも大切な能力だと思うのですが。

A7
そういう場合もあります。
例えば、新しい概念について学習するときなどです。
しかし、問題解決型のように毎時間毎時間やっていては、子どもに力はつきません。

Q8  問題を早く解いてしまう子と時間がかかる子がいます。それぞれにどのように対応したらよいのでしょうか。

A8 
問題を解いてしまった子へ。
板書させます。
あとから発表させます。
時間がかかる子へ。
板書を見ていいといいます。
自分でできない子には、先生がそっと行って赤鉛筆で答えを薄く書いて「なぞってごらん」と言います。 

Q9 文章問題が苦手な子どもへの指導はどのようにしたらよいのでしょうか。
   絵や図を使って、どんな場面なのか思いえがけるようにしていますが時間がかかりますし、
   容易にイメージできる児童にとっては退屈な時間になってしまいます。

A9
教科書にある絵やテープ図、線分図などを使ってイメージさせていきます。

Q10  T.Tの際、T2の効果的な関わり方はどうしたらよいのでしょうか。

A10
T1の先生が、向山型ならば安心してできます。
できない子に赤鉛筆で薄く書いてやったり、日付やページ数を確認したりできます。
この場合、T1は授業を流す。T2は一人一人の確認をするというように役割分担が明確です。
問題解決型の場合は、T1の先生に付き合うしかないでしょう。
お互いに大人ですから。

Q11 赤ねこ計算スキルで、2~5問コースに挑戦した子に、残りの問題をいつやらせたらよいのでしょうか。

A11
2分間の間に先に進ませてはいけません。
自分なら2分間でどのくらいできるのか、という自己評価にもなっているのです。
自分の力を推し量ることも大切な能力です。
最初の2分間が終了した後に、全員で残りの問題をやる時間を1分間設定します。

Q12 教科書の太枠で囲まれているまとめの言葉をどう扱ったらよいのでしょうか。
    ノートに写させる?読ませるだけでよい?どうしたらよいのでしょうか。

A12
そのように単純なことではないのです。
写させる場合もあるでしょうし、読ませるだけのときもあるでしょう。
言い換えさせることもあるでしょう。
単元によって対応は違うのです。

Copyright (C) TOSS All Rights Reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド