TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/09/22 現在)

21500
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1125138 更新:2012年12月29日

倍数ビンゴ


岡部真弓氏「倍数ビンゴ」(『日本教育技術体系』第15巻p164)を「追試」した。
学年に関係なく、数字を利用した楽しいゲームであった。(TOSS中学推薦)

以下、中1から中3までの生徒がいる総合的な学習の授業の実践記録を紹介する。

1.倍数ビンゴを作る

説明1:

これからビンゴをします。

5×5のマスが書いてあるプリントを配る。

発問1:

2の倍数をひとつ言いなさい。

列指名。「2」「4」と自信を持って答える。

指示1:

左から1番目の縦の列を指でなぞりなさい。

お隣さんと確認。

指示2:

その列に、2の倍数を書きます。

ビンゴが楽しくなるように、次の説明をする。

説明2:

1から40までであれば、何を書いてもいいです。ただし、1つの列に同じ数を書いてはいけません。

同様に、3の倍数の列を書かせる。

指示3:

左から2番目の縦の列を指でなぞりなさい。その列に、3の倍数を書きます。

ここで、きちんと書けているか確認する。

指示4:

書けた人は、見せにきなさい。

すぐに2人見せにきた。

指示5:

次の列は4の倍数、次の列は5の倍数、最後の列は6の倍数を書きます。

2.倍数ビンゴをする

全員書けたことを確認した後、

発問2:

2の倍数をひとつ言いなさい。

1人指名する。「4」

指示6:

自分の2の倍数の列に、4があったら赤鉛筆で丸をつけなさい。

4人が丸をつけていた。

発問3:

3の倍数をひとつ言いなさい。

1人指名する。「12」

指示7:

自分の3の倍数の列に、12があったら赤鉛筆で丸をつけなさい。

1人が丸をつけていた。

指示8:

4の倍数、5の倍数、6の倍数の列も同様にやります。
赤丸が縦か横か斜めに5つそろった人は、「ビンゴ!」と言ってください。

「4の倍数」「28」「5の倍数」「15」「6の倍数」「12」…とテンポよくすすめた。
「ある、ある。」「あれ、ない、ない。」「あった!」「よし。」などと言いながら、丸をつけていた。
クラスも学年も違う7人は楽しそうに赤鉛筆で丸をつけていく。
そして、普段は無口な生徒が「ビンゴ!」と大きな声をあげた。
プリントに「No.1」と書き、「1番!」と言う。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド