TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/22 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3214656 更新:2012年12月30日

『ふるさと』(室生犀星)100発問


 ふるさと
       室生犀星
雪あたたかくとけにけり
しとしとしとと融けゆけり
ひとりつつしみふかく
やはらかく
木の芽に息をふきかけり
もえよ 木の芽のうすみどり
もえよ 木の芽のうすみどり

  1. この単元のテーマは何ですか。(場面と心情の変化を想像して)
  2. 何と何を想像するのですか。箇条書きにしなさい。(1 場面の変化,2 心情の変化)
  3. 題名はなんですか。(『ふるさと』)
  4. 作者は誰ですか。(室生犀星)
  5. 室生犀星で「ふるさと」といえば,普通何でしょう。

 小景異情 その二

ふるさとは遠きにありて思ふもの

そして悲しくうたふもの

よしや

うらぶれて異土の乞食となるとても

帰るところにあるまじや

ひとり都のゆふぐれに

ふるさとおもひ涙ぐむ

そのこころもて

遠きみやこにかへらばや

遠きみやこにかへらばや

  1. 『小景異情 その二』を視写しましょう。
  2. 『小景異情 その二』を暗唱しましょう。
  3. 「ふるさと」に漢字を当てなさい。(故郷・古里・故里)
  4. 「ふるさと」という歌を知っていますか。(♪うさぎ追いし彼の山,小鮒釣りし彼の川…)
  5. その「ふるさと」の作詞者は?(高野辰之)
  6. 「室生」は,ムロウと発音するのですか,ムローと発音するのですか。(ムロー)
  7. 室生犀星の生没年を調べなさい。(明治22年(1889)~昭和37年(1962))
  8. 室生犀星の出身地は?(石川県金沢市)
  9. 室生犀星の本名は?(室生照道)
  10. 室生犀星の別号は?(魚眠洞)
  11. 「犀星」というペンネームの由来は?(ペンネーム犀星の「犀」は、犀川。その川から不屈の精神を汲み上げ、「星」の字に象徴されるように偉くなりたいという上昇の願望を、犀星は生涯燃やし続けたのです。(いいねっと金沢(金沢市都市政策部広報課のHP)から転載。)
  12. 室生犀星の代表作を書き出しなさい。

詩集 抒情小曲集(大正7年) 18歳頃からの抒情詩が収録されています。

幼年時代(大正8年) 幼年期の体験をすなおに描いた小説家犀星としての処女作です。

性に目覚める頃(大正8年) 寺の子として育った主人公の詩と性のめざめを描いた小説です。

蒼白き巣窟(大正9年)  娼婦の世界を愛情を持って描いています。

美しき氷河(大正9年) 娼婦の姉妹の心情を描いています。

青い猿(昭和6年) 芥川龍之介の死を題材にしています。

あにいもうと(昭和9年) 兄と妹の肉親愛を描いた小説で、第一回文芸懇話会賞を得ています。

随筆 女ひと(昭和30年) 晩年の、犀星復活の契機となった作品です。

杏っ子(昭和31~32年) 自分の生涯と、娘への愛情と、娘と一体化した爽快な反逆を書いた長編小説で昭和33年度読売文学賞を受賞しています。

蜜のあはれ(昭和34年) 老作家と金魚との会話だけで独立している小説です。

かげろふの日記遺文(昭和34年) 王朝もののかたちをとり、野間文芸賞を受賞しています。

告ぐるうた(昭和35年) 金沢の詩人仲間を書いています。

われはうたへどやぶれかぶれ(昭和37年) 凄絶な闘病記です。

(いいねっと金沢(金沢市都市政策部広報課のホームページ)から転載。)
18. 室生犀星の作品を読んだことがありますか。
19. 室生犀星について調べなさい。
20. この詩には場面は描かれていますか。(描かれている。)
21. この詩には心情は描かれていますか。(描かれている。)
22. この行は場面が描かれている,この行は心情が描かれている…とパッと分けます。場面が描かれているのは何行目ですか。(1,2,4,5行目。)
23. 心情が描かれているのは何行目ですか。(3,6,7行目。)
24. 話者の心情がもっともストレートに表れている2行を書き出しなさい。(もえよ 木の芽のうすみどり/もえよ 木の芽のうすみどり)
25. 『ふるさと』は散文ですか,韻文ですか。(韻文)
26. 『ふるさと』は定型詩ですか,自由詩ですか。(自由詩)
27. 『ふるさと』は口語詩ですか,文語詩ですか。(文語詩)
28. 『ふるさと』は叙事詩ですか,抒情詩ですか。(抒情詩)
29. 『ふるさと』は,は何連からできていますか。(原典『詩集 抒情小曲集』では1連。)
30. 『ふるさと』は七五調ですか。(だいたいそうなっている。)
31. 題名・作者名をのぞく本文は,何行からできていますか。1行空けの部分は数えません。(7行)
32. 「雪あたたかく」を単語に分けなさい。(雪+あたたかく)
33. 「あたたかく」を文法的に説明しなさい。(ク活用形容詞「あたたかし」の連用形)
34. 何があたたかいのですか。(空気。)
35. 「とけにけり」を単語に分けなさい。(とけ+に+けり)
36. 「とけ」を文法的に説明しなさい。(カ行下一段活用動詞「とける」の連用形。)
37. 「に」を文法的に説明しなさい。(完了の助動詞「ぬ」の連用形。)
38. 「けり」を文法的に説明しなさい。(過去の助動詞「けり」の終止形。)
39. 「とけにけり」を口語でいうとどうなりますか。(すっかりとけてしまった)
40. 「とけにけり」の主語は何ですか。(雪。)
41. 「雪あたたかく」とすると,雪があたたかいと受け取られかねないのではありませんか。
42. 「あたたかく雪とけにけり」ではいけませんか。
43. 「あたたかく」は「暖かく」「温かく」どちらですか。(暖かく)
44. 「とけ」は「解け」「溶け」「融け」のうちどれですか。(私は「解け」がいいと考える。「氷解」「解消」という言葉があるでしょう?ここは,雪がなくなったということを言ってると思うのです。)
45. 本文1行目では「とけ」とひらがなになっているのに,2行目では「融け」と漢字になっているのはなぜですか。(1行目は雪がなくなったことを意味し,2行目は固体が液体に変わった(融解)ことを意味するから。)
46. 「しとしとしと」は擬音語ですか擬態語ですか。(擬態語)
47. 「しとしと」という表現は通常何に使いますか。(雨が降るようす。)
48. 「しとしとしとと」を単語に分けなさい。(擬態語「しとしとしと」+副助詞「と」)
49. 「融けゆけり」を単語に分けなさい。(融けゆけ+り)
50. 「融けゆけ」を文法的に説明しなさい。(「カ行四段活用動詞「融けゆく」(「融く」と「ゆく」の複合語)の已然形。」
51. 「り」を文法的に説明しなさい。(ラ行変格活用助動詞「り」の終止形)。)
52. 「ひとりつつしみふかく」を単語に分けなさい。(ひとり+つつしみふかく)
53. 「ひとり」を文法的に説明しなさい。(副詞。)
54. 「ひとり」とはどういう意味ですか。(その者だけで(その者だけが)そうすることを表す。)
55. 「ひとり」に漢字を当てなさい。(「一人」または「独り」)
56. 「つつしみふかく」を文法的に説明しなさい。(ク活用形容詞「つつしみふかし」(「つつしみ」と「ふかし」の複合語)の已然形。)
57. 「つつしみふかく」に漢字を当てなさい。(慎み深く)
58. 何が慎み深いのですか。(雪)
59. 「やはらかく」のような仮名遣いを何といいますか。(旧仮名遣い・歴史的仮名遣い)
60. 「やはらかく」を文法的に説明しなさい。(ク活用形容詞「やはらかし」の已然形。)
61. 「やはらかく」に漢字を当てなさい。(柔らかく)
62. 「木の芽」とは①木の新芽。②サンショウの若芽。どちらですか。(木の新芽。)
63. 木の芽に息をふきかけたのは誰ですか。(話者。)
64. なぜ木の芽に息をふきかけたのですか。(芽の生長を促すため。)
65. あなたは木の芽に息をふきかけたことがありますか。
66. 今日帰るときに,木の芽に息をふきかけてみなさい。
67. 木の芽に息をふきかけたら,早く開くのでしょうか。(さあ,どうでしょう。)
68. 「ふきかけり」に漢字を当てなさい。(吹き掛けり)
69. 最後の2行で使われている修辞法は何ですか。(リフレイン)
70. 「もえよ」を文法的に説明しなさい。(ヤ行下二段活用動詞「もゆ」の命令形。)
71. 「もえよ」に漢字を当てなさい。(萌えよ)
72. 「うすみどり」に漢字を当てなさい。(薄緑)
73. なぜ題名が「ふるさと」なのですか。
74. 対比されているものは何と何ですか。(雪と木の芽。)
75. 今,雪は見えていますか。(見えていない。または,ほとんどなくなっている。)
76. 季節はいつですか。(春。)
77. 「もゆ(もえよ)」と対比されている言葉はどれですか。(融く(融け))
78. 木の芽は開いていますか。(まだ開いていない。)
79. 話者はどこにいますか。(木のそば。)
80. それはどこからわかりますか。(「木の芽に息をふきかけり」というところ。)
81. 色の対比を言いなさい。(白(雪)⇔うすみどり(木の芽)
82. 雪がとけるというのは,何かの暗喩になっていると考えられます。何でしょう。(老人が死ぬことの暗喩。)
83. 木の芽がもえるとは,何かの暗喩になっていると考えられます。何でしょう。(子どもが思春期を迎えることの暗喩。)
84. 話者は,自分の立場を「雪」としているのでしょうか,「木の芽」としているのでしょうか。(おそらく「雪」だろう。なぜなら,「ひとりつつしみふかく」と,雪の心情を吐露しているから。木の芽の心情は描かれず,「もえよ」と木の芽に対する心情が描かれているから。)
85. 雪が話者だとすると,木の芽は誰でしょう。(おそらく話者の娘じゃないかしら。)
86. 作者は,この詩を書いているとき,ふるさとにいましたか。(いなかった…のではないかなあ。)
87. 破調になっているところが1行だけあります。抜き出しなさい。(ひとりつつしみふかく)
88. この詩を2つに分けます。どこで分けますか。(「ひとりつつしみふかく」の直後。)
89. 「やはらかく」「木の芽に息をふきかけ」るというのは,何の暗喩でしょう。(若者に力を貸すことの暗喩…だと思う。)
90. 1行ずつ絵に表すとします。絵に表せないのは何行目ですか。(3行目,6・7行目。)
91. 1・2行目を,色鉛筆を使って絵にしなさい。
92. 4・5行目を,色鉛筆を使って絵にしなさい。
93. 前半と後半,あなたはどちらが好きですか。
94. あなたは,この詩が好きですか。
95. あなたには「ふるさと」と呼べるところがありますか。
96. 『ふるさと』を視写しましょう。
97. 『ふるさと』を暗唱しましょう。
98. 室生犀星の作品で,映画化されたものは?
1936.06.21 兄いもうと P.C.L.
1936.06.25 聖処女 新興東京
1953.08.19 あにいもうと 大映東京
1955.05.03 麦笛 東宝
1957.06.25 地獄花 大映京都
1958.05.13 杏っ子 東宝
1976.10.23 あにといもうと 東宝映画
(日本映画データベースから転載。)
99. 上記作品のうち,どれか見たことありますか?(私はありません。)
100. 映画『杏っ子』で室生犀星自身と目される作家役を演じたのは誰?(山村聡)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド