TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/19 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7822607 更新:2012年11月25日

注文の多い料理店 第9時


読み味わう(風・色について)

1、風の果たす役割をつかむ。

発問1:

この物語の中に、3回、風のふく場面があります。それは、何段落ですか。

・段落5、20、54

指示1:

3つの風の場面を読んでみましょう。

発問2:

この風は、ただふいたことを表しているのではなく、読者に何かを感じさせています。これを「暗示」といいます。この風は、どういうことをわたしたちに暗示させているのでしょう。

・1の風がふいて、不思議な世界に入った。
・1の風は、ありもしない西洋料理店の入り口だった。
・3の風で、元の世界にもどった。
・1の風と3の風は、世界を変えてしまう風。
・2の風は、世界を変えないが、怪しい風。
・2の風で、ブラシがかすんでなくなったから、やはり不思議な風。
・2の風は、おかしいなと感じさせる風。
・2の風で、しんしたちがいよいよだまされてきたことが分かる。

説明1:

このように、読者は、何かあるぞという暗示を受けながら、興味深く読み進んでいくのですね。
宮沢賢治さんの、書き方の上手なところです。

2、色を取り出し、その象徴としているものについて考える。

指示2:

この物語の中には、たくさんの色が書かれています。どんな色がありますか。見つけて、ノートに書き出します。

・白、黄色、金、水色、赤、黒、青、銀色(顔色は含めない)

説明2:

白というと、汚れていない、清らか、清潔という感じがありますね。それぞれの色が出てきたのは、宮沢賢治さんが何かを色で表しているのです。これを「象徴」といいます。

発問3:

皆さんは、白いれんがの玄関から、どんな感じを受けますか。

・りっぱ。
・清潔。
・高級感。

以下、順にテンポよく聞いていく。
・金文字(華やか、誘っている、心がうきうきする、高級そう。)
・水色のペンキ塗りの戸に書かれた黄色の文字(幸運、注意。)
・赤い字(危険、血。)
・黒い台(重々しい、高級、死。)
・黒い戸(暗い、重い、不気味。)
・黒塗りの金庫(立派、頑丈。)
・金ぴかの香水のびん(華やか、高級、高そう。)
・青い瀬戸の塩つぼ(顔が青くなる、海のような深さ、死んで深いところに行く。)
・銀色のフォークとナイフの切り出し(刺し殺す、食事部屋。)
・かぎあなからのぞく二つの青い目玉(きょっとする、不気味)
・真っ白なお皿(どんな料理でも盛り付けられる、どんな人でもいらっしゃい、清潔。)
・白くまのような犬(大きくふさふさした毛の健康そうな犬、主人に忠実。)

このように、色から受ける感覚は人それぞれだが、色を考えることによって、この物語の不思議さ、不気味さが増してくる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド