TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/19 現在)

21596
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3846469 更新:2012年12月29日

『わらぐつの中の神様』で討論の授業


↓ 講座用コンテンツはこちら。
http://www.tos-land.net/teaching_material/contents/4641

1 全文通読

指示1:

杉みき子作『わらぐつの中の神様』。(テキストを配っておく。)
一度,全文を黙読してください。時間は5分です。

2 全体の構成

『わらぐつの中の神様』の構成です。

プロローグ わらぐつに神様がいると語るおばあちゃん。
(1)高価な雪げたがほしくなったおみつさん。
(2)雪げたを買ってもらえないおみつさん。
(3)金を作るためにわらぐつを編むおみつさん。
(4)わらぐつが売れずがっかりするおみつさん。
(5)わらぐつを買ってくれるわかい大工さん。
(6)おみつさんにプロポーズする大工さん。
エピローグ 実はおみつさんだったおばあちゃん。

 おばあちゃんが孫のマサエに語るという形式のお話です。

現在→過去→現在

という額縁構造になっているのですね。

3 あらすじと音読

説明1:

おみつさんは,おしゃれな雪げたがほしくなります。
しかし,お父さんお母さんには買ってもらえません。
そこで,自分でわらぐつを作って,それを売ってお金をかせぐことにします。
ところが,作り始めてみると,なかなかうまく作れません。
しっかり編み込んであって丈夫だけれど,不格好なわらぐつができあがりました。
町の市へ売りに行きますが,当然なかなか売れません。
ところが,若い大工さんが声をかけてくれます。

指示2:

その場面を音読してみましょう。「やがて,お昼近く」さんはい。

「やがて,お昼近くなって」から「おがみたいような気がしました。」までを一斉音読する。

「この後,おみつさんが市に出るたびに,この若い大工さんがわらぐつを買ってくれます。なんでいつも買ってくれるんだろう。うれしいけど不思議。そう思ったおみつさんは,思い切ってたずねます。」

「あのう,いつも」から3ページほどを音読しましょう。さんはい。

一斉音読する。

4 発問

発問1:

大工さんがおみつさんを好きになったのは,何ページの何行目ですか。

指示3:

ノートに書けたら持って来ます。

持って来た人には,答えを板書させる。

5 全員が意見を持つ

次のような意見が出るだろう。

ア おみつさんは,特別美しいむすめというわけでも…
イ やがて,お昼近くなって…
ウ 「あねちゃ,そのわらぐつ,見せてくんない。」
エ わかい大工さんは,道具箱をむしろの上に置いて…
オ 「このわらぐつ,おまんが作んなったのかね。」
カ 「ふうん。よし,もらっとこう。…
キ おみつさんが,わらぐつを持って市に出て…
ク 「そのわらぐつ,くんない。」
ケ その次の市の日にも…

6 これはおかしいというものをつぶす

7 意見を2つだけ残す(あるいは大きく2つに分ける)

今回の発問の場合は

「初めて会ったとき」か「2回目以降」か

に分けるとよい。

8 指名なし討論


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド