TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/14 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1935636 更新:2012年12月29日

天皇中心の都「平城京」


説明1:

710年、奈良に新しい都が作られました。平城京です。

指示1:

教科書39ページ、資料4、平城京の復元模型の写真を指で押さえなさい。

確実に全員が、資料を見つけたことを確認する。

説明2:

平城京は唐の都、長安にならって、碁盤の目のような道が作られました。一番奥にあるのが平城宮、天皇がいる所です。その正面に朱雀門があって、そこからまっすぐに朱雀大路が伸びています。朱雀大路の幅は、なんと、70mもあったそうです。横幅だけで、50m走ができますね。

簡単に説明する。

発問1:

ところでこの写真、1か所おかしいところがあります。どこですか?

「右側に左京、左側に右京と書いてある」
「本当だ!」
「そう、その部分がおかしいよね」

発問2:

ではどうして、右京と左京が反対に書いてあるのですか?

「天皇から見たら、右と左が反対だから」

説明3:

すごい!よく気付いたね。みんな、教科書を逆さにしてごらん。右と左が反対になったでしょ。こんなところにも「天皇中心の国づくり」が貫かれているんですね。

指示2:

資料5「五畿七道」の図を見なさい。

指示3:

解説を全員で読みます。道には、さんはい。

「道には、都から地方に伸びた道路そのものと、その道路沿いに並んで連絡し合う国々の集まりという二つの意味があります。」

説明4:

このようにして、日本全国が結ばれていたのですね。

発問3:

その中心になっていた場所はどこですか。

「平城京です」
「その通り」

指示4:

資料6「律令による役所のしくみ」の図を見なさい。

説明5:

日本全国を支配するために、様々な役所がそれぞれの役割をもって活動していたことがわかりますね。

組織のリーダーは誰ですか。

「天皇です」
「その通り。律令による役所は、天皇の命令が全国で実施されるように作られていたのです」

飛鳥時代は「天皇中心の国を目指した時代」であった。
710年、平城京が作られ、天皇中心の国が完成し、奈良時代がスタートした。
奈良時代は「天皇が中心となって国づくりを行った時代」である。
平城京や律令制度を細かく見ていくと、天皇が中心となって国づくりを行うための工夫をたくさん見つけることができる。


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド