TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/22 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7962458 更新:2012年12月28日

「ありがとう」は魔法の言葉


「ありがとう」は魔法の言葉

「ありがとう」の数だけ幸運に近づく

2日、金曜日は3年生の試験監督を行いました。数学のテストでした。
 机の上には、シャーペンと替え芯、ミニ定規とコンパス、消しゴムが置かれています。問題集や参考書も、床にきれいに置かれていました。
 来年は、2年4組も、この教室に移動かな・・・などと思いながら教室を見渡していました。
 テストを終えて教室を出ると、廊下には、カバンがきれいにならべておかれていました。こんな所にも気を配れることはとてもすばらしいことだと思いました。
 きっと担任の先生から声がかかったと思うのですが、きれいにカバンが並べられていました。欲を言えば、担任の先生が、声をかけなくても自分たちで、何が美しい行為かを考えて行動できると良いと思います。そんな可能性が誰もが持っているのです。

 さて、話を少し変えます。

● ~ 前略 ~  先生ありがとう!!!

何の日記なのか、全く分からないと思いますが、最後の「先生ありがとう」と言う言葉についてです。
 以前『「ありがとう」は魔法の言葉』と言うことを話したことがあります。
 『ありがとう』という言葉を使っていると幸運が運ばれてくるという話です。
 最近、何かをしてもらうと「すみません」と言う言葉を使う人が増えています。
 「そんなことまで、してもらってすみません」という意味で使っているようですが、僕は、何か謝っているようでしっくりこない気がします。
 何かをしてもらったら「ありがとう」と言うのが良いのではないかと思います。
 そのとき、子どもたちに話したのは、京都大学の近くに「百万遍」といお寺があり、なぜそんな名前のお寺になったのかという話をしました。
 簡単に言うと「願いことを百万遍したら、願いは叶う」ということです。
 1000000回「ありがとう」と言えば、幸運がきっとやってくると思います。
 1000000回とは言わないまでも、「ありがとう」をたくさんたくさん言えばきっと良いことが起こります。
 それは結構簡単なことで、毎日できます。
 毎日、プリントを配ります。そのときに僕は教室前列の子に「ハイ、どうぞ」とか「お願いします」と言ってプリントを配ります。そのときに、プリントを受け取る子は「ありがとうございます」と言って受け取ればいいのです。
 次にプリントを受け取った子は、後ろの友だちに「ハイどうぞ」と言ってプリントを渡すのです。プリントを受け取っ     廊下にきれいに並べられたカバン
た子は「ありがとう」と言ってプリントを受け取ります。これを後ろの子まで行えば、必ず「ありがとう」ということができます。
 毎日必ず誰でも「ありがとう」と言うことができます。
 その気になれば、毎日誰でも幸運に近づくことができるのです。

 最近僕が考えているのは、たくさん「ありがとう」を言ってもことです。「ありがとう」と言ってもらえるようなことをやっていこうと思っています。

 先週は木曜日と金曜日が期末テストで、ほとんどの時間にテストを何枚も配りました。そのたびに、一番前の子は僕に「ありがとうございます」とか頭を下げてプリンツー受け取っていました。
 「ありがとう」の数だけ幸運に近づきます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド