TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2324996 更新:2012年12月29日

楽しく名画を鑑賞する ~「鳥獣人物戯画」・ウサギの表情から考えよう~


新学習指導要領、第1学年の鑑賞に関わる目標は「自然の造形や美術作品などについての基礎的な理解や見方を広げ,美術文化に対する関心を高め,よさや美しさなどを味わう鑑賞の能力を育てる」となった。教科書に「鳥獣人物戯画」が載った。今回、授業する場面「すもう」は、意外性のある内容が描かれている。実際の大きさと違うウサギとカエルが相撲をしている。常識から考えると、ウサギが勝つだろう。しかし、次の場面を見ると、投げられているのは、ウサギである。そのうえ、負けたウサギは笑っている。なぜ負けたウサギが笑っているのかを考えることで、周りの情景もじっくり鑑賞できると考えた。日本にしか見られない絵巻物の1つ。国宝に指定されてる。そんなすばらしい絵巻物が800年前の日本で生まれ、今の漫画文化につながっている。日本が誇れる美術文化である。それを楽しみながら鑑賞できる授業を考えた。

Sumou1

相撲場面の最初の場面を見せる。(ウサギとカエルが組み合っている絵)

説明1:

今日は、平安時代の絵巻物「鳥獣人物戯画」を勉強します。有名な場面の1つです。

発問1:

何をしていますか。

指示1:

どれかに手を挙げます。①けんか ②ダンス ③相撲
     (挙手を確認した後に)

説明2:

この絵には続きがあります。
~次の場面(ウサギが投げられている絵)を見せた後に、答えを伝える。~

そうです。相撲です。今のアニメのような効果をならって描いています。異時同図といって、同じ場面に時間の違う2つの場面を続けて描いています。

Sumou2

指示2:

アニメのように見えるか自分で確かめてみましょう。

相撲場面をコピーした長い資料を、巻いたり伸ばしたりして見る。2つの場面が連続して展開しているのが確認できる。

説明3:

2つの絵をつなげて見ると、相撲だと分かります。動物たちが人間のように遊んでいます。

 2つの相撲場面を見せながら尋ねる。
☆投げられたウサギの目は隠しておく。

発問2:

投げられたウサギは、どんな表情をしていますか。

指示3:

ウサギの目を描きなさい。

発表させる。
「びっくり、痛い。」
目が変わると、表情が変わることを教える。

発問3:

みんなの目はどのタイプですか。

A:笑っている目  B:泣いている目  C:痛がっている目

Usa1
Usa3
Usa2

発問4:

なぜその目を描いたのですか。

指示4:

理由をノートに書きなさい。

書けた意見を発表させる。

・カエルと遊んでいると考えたから、笑っていると考えました。
・相撲をして楽しいから、笑っている目にしました。
・投げられて痛いから、痛そうな目にしました。
・カエルに負けて悔しいから、この目にしました。

などの意見が考えられる。
投げられたウサギの絵を見せながら説明する。

説明4:

実はウサギは笑っています。相撲で投げられましたが、遊びだから、笑っています。
怒っている目や痛そうな目だったら、場面の内容が違って見えますね。
作者は、見る人にどう感じてほしいのか考えながら見ていくと、絵に込められた内容が見えてきます。

《参   考》 

『鳥獣戯画がやってきた!』白描画雑感 有賀祥隆(サントリー美術館・読売 新聞社 2007)
『鳥獣人物戯画』 謎に包まれた遊び心の絵巻―鳥獣戯画 辻惟雄(小学館2007)
『十二世紀のアニメーションー国宝・絵巻物に見る映画的・アニメ的なもの』高畑勲著(徳間書店 1999)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド