TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/19 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7181612 更新:2012年12月29日

日本のLSIメッキ技術を授業する


日本のLSIメッキ技術を授業する

現代の電子社会は、LSI(大規模集積回路)によって支えられている。そのLSIの製作技術を支える日本のメッキ技術の素晴らしさを教え、日本の技術のすごさに気づかせる授業。

◆テンポよく画像を見せる 

発問1:

これは何というモノですか。知っている人は手を挙げます。(真空管の写真を見せる)

 教室から「え~、こんなのわからないよ」という声が上がる。

説明1:

実は教科書に載っています。(「新しい技術・家庭 技術分野)東京書籍)

発問2:

何ページに載っているかわかった人は、手を挙げます。

 すぐに教科書に調べ始める。サッと手が挙がった。
 「早い。○○さん」
 「5ページにあります」

指示1:

その通り。口絵の5ページを開きなさい。

発問3:

ディスプレイを見なさい。これは何と言うものですか。みんなで言います。さんはい。
     (ディスプレイには真空管の画像が映っている)

 「真空管」「その通り。ノートに真空管と書きなさい」

発問4:

これは、何と言うものですか。(トランジスタの画像)

「トランジスタ」教科書にのっているのですぐに答えられる。
  テンポよく、次の画像を見せていく。

指示2:

トランジスタ、とノートに書きなさい。

発問5:

 これは、何と言うものですか。

 「IC」

説明2:

その通り、IC。集積回路といいます。ノートに書きなさい。

発問6:

次にディスプレイに何が出るかわかる人。

教科書をみていればすぐにわかるので、全員挙手。教師は「みんなで言います。さんはい」
 「LSI」

説明3:

 その通り。(LSIの画像を示す)LSIです。大規模集積回路といいます。ノートに書きなさい。

◆LSIの小ささを考える 

発問7:

これらは何に使われているのですか。わかる人は手を挙げます。

 「コンピュータ」

説明4:

正解。その通り。コンピュータに使われています。

指示3:

ディスプレイを見なさい。(LSIの画像を映す)

発問8:

これは何と言いましたか。(LSIとすぐに答える)
 LSIの1辺は数ミリと言われています。何ミリぐらいだと思いますか。予想をしてノートに書きなさい。

 全員が書いたことを確認する。

発問9:

 正解は約10ミリです。

発問10:

このLSIの一辺から何本の足が、リード線がでていますか。数えなさい。

 「26本」 

発問11:

1辺を9ミリだとすると、1本のリード線の幅は何ミリぐらいになりますか。計算しなさい。

 「0.36ミリくらい」 

発問12:

 ミニ定規で1ミリを見てみなさい。それよりも小さい0.36ミリです。

指示4:

ディスプレイを見なさい。普通、LSIにはこのような基盤に半田付けをします。しかし、あまりにも間隔が狭いので半田付けできません。

発問13:

そこで、LSIを作っている会社では、どうしたと思いますか。予想をノートに書きなさい。

 書けた生徒に発表させる。

説明5:

テ実はみんなもよく知っている、メッキという方法をとったのです。

資料を(「メタルカラーの時代」~携帯電話にも不可欠な「極小穴メッキ技術」の努力~P61/62小学館より)配り、教師が読む。

指示5:

このような技術を日本の会社が持っているのです。今日の授業の感想を書きなさい。

この授業のあと、プロジェクトX[国産初のコンピュータ:」を視聴した。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド