TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1429500 更新:2012年12月29日

小学校理科室を使いやすくするための4つの工夫


説明1:

使いやすい理科室にしたい。
埼玉の小森栄治先生の理科室経営を参考に、以下の4つの視点で小学校の理科室を整備した。

①実験で使うモノがあり、数がそろっている。 【8つの小分け】
②モノが整理整頓されている。 【ラベルとボックス】
③授業者が10秒で準備物を探すことができる。 【きっと、あそこだ!】整理整頓されたモノの場所が想像しやすい。
④教具の使い方がわかる。 【セットで保管】教具とラミネートした説明書を一緒に保管する。

説明2:

①【8つの小分け】 
 モノの数をグループ数(8+1コ)または全員分(40+1コ)の数を検討し保管する。モノが壊れていないか、数量が足りていたか、使用した先生に報告していただく。

1kowake

説明3:

②【ラベルとボックス】
1)ラベルを貼る。
ボックス、タッパーに入れてしまうと、中に入っているモノがわからなくなる。そこで、黄色のビニールテープにマジックで名前を書き、ボックスやタッパーに貼っておく。黄色のビニールテープのよいところは、目立つ、簡単に貼れる、安い、間違えたとき、古くなった時に貼り替えやすいことだ。

2)同じ種類のモノは、同じ場所に、1つのタッパーやコンテナボックスに入れる。
 同じ形のタッパーやコンテナボックスは整理しやすく持ち運びしやすい。関係するモノを同じ場所に保管する。(ミョウバンセットと薬さじ)

2raberu
2raberu2

説明4:

③【きっと、あそこだ!】:整理整頓したモノをコーナーで示す。
「計測コーナー」温度計、上皿天秤、電子天秤
「薬品庫」塩酸、水酸化ナトリウム、スライム作成セット
「素材・パーツコーナー」割り箸、コイル
「電気コーナー」「光学コーナー」「顕微鏡コーナー」各教具
「学年教材コーナー」天体関係掲示物、地層関係掲示物、DVD、各単元の「ものつくり作品」

3kitto

説明5:

④【セットで保管】教具と説明書を1セットにしておく。
教具の使い方がすぐにわかるようにしておく。
「モーター作成セット」「電磁石の芯の発展学習セット」

4setto
4setto2

2回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド