TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/25 現在)

21599
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8623865 更新:2012年12月28日

初心者のための分析批評全授業記録 「大造じいさんとガン」 第4時


~第一場面の読み取り~

学習活動1:第一場面を斉読する。

指示1:

第一場面を一緒に読みます。さん、はい!

読みの速さを意識させるために、最初は教師も一緒に読み速さを理解させる。

学習活動2:「かりゅうど」の意味を理解する。

大造じいさんとガンを理解する上で、じいさんが「かりゅうど」であることの意味を理解させる必要がある。

発問1:

「かりゅうど」とは、何をする人ですか。

指示2:

ノートに書いて持ってきなさい。

子どもたちは、一瞬「えっ」という顔をした。子どものノートには次のように書かれていた。

○鳥や生き物をとる人。
○イノシシや鳥をつかまえる人。
○動物などをかる人。 

子どもたちを誉めて、次の発問をした。

発問2:

では、「ハンター」とは、何をする人ですか。

指示3:

ノートに書いて持ってきなさい。

子どものノートには次のように書かれていた。

○動物とかを殺して食べる人。
○動物をつかまえて売る人。
○ジャングルで動物をつかまえる人。

そこで、説明した。

説明1:

「かりゅうど」というのは、かりで「生活」をしている人です。つまり、かりをすることが「仕事」なのです。みんなのお家の人が、農業をされたり、会社に勤められるのと同じです。これに対して「ハンター」というのは、「趣味」や「楽しみ」でかりをする人です。みんなのお家の人でも「パチンコ」や「ゴルフ」や「つり」をされるところがあるでしょう。それと同じです。大造じいさんは「かりゅうど」ですから、生活がかかっているのです。

学習活動3:第一の計略を読み取る。

指示4:

教科書の6頁の9行目の「特別な方法」を赤鉛筆で囲みなさい。

発問3:

(確認して)「特別な方法」とは、どんな方法ですか。教科書に鉛筆でサイドラインを引きなさい。

そして、次のように発問した。

発問4:

「特別な方法」とは、どのような順序でしかけるのですか。

子どもたちの声をもとにして次のように板書した。そして、子どもにも写させた。

特別な方法
  ・くい
  ・ウナギつりばり
  ・たたみ糸
  ・タニシ
 
そこで、さらに聞いた。

発問5:

これからのどこが「特別」なのですか。

これに答えるには、先の4つについての知識がないと答えられない。くいは、挿し絵から「どんな感じがする?」と聞くと「じょうぶ」という答えが返ってきた。ウナギつりばりを知っている子どもが3名いた。その子どもに聞くと「普通のつりばりよりも大きくてがんじょうだ」と言った。たたみ糸も知っている子どもが2名いた。普通の縫い針用の糸に比べて、「太く」といった。タニシについては、同様の考え方から「タニシもじょうぶなんだよね?」と挑発すると、「違う! タニシは好物だ」と言う。そこで、「あっ、そうか大造じいさんの好物なんだな。」と言うと「違う、違う。ガンの好物」だと言った。 このようなやりとりをしながら次のように板書していった。

特別な方法
  ・くい・・・・・・・・がんじょう
  ・ウナギつりばり・・・がんじょう
  ・たたみ糸・・・・・・がんじょう、じょうぶ
  ・タニシ・・・・・・・ガンの好物
 
次に「一晩じゅう」を取り上げた。教科書にサイドラインを引かせ、ノートに写させた。

発問6:

「一晩じゅう」ってどういうことですか。

24時間のことだと勘違いしている子どももいたが、子どもから出された「徹夜」ということで全員にメモさせた。ここでも、「かりゅうど」の意味を想起させ、生活がかかっていることを認識させた。

学習活動4:情景描写の意味を知る。

次にこの作品に効果的に表現されている「情景描写」について指導した。次の一文をノートに視写させた。

秋の日が、美しくかがやいていました。

そして、この文の前後の文を音読させた。次に、この文を抜いて音読させた。そして、聞いた。

発問7:

この一文は、なくてもいいんじゃないですか。

指示5:

なくてもいいと思う人は、×。いや、必要だと思う人は、○と書きなさい。

○(必要):24人。  ×(不必要):4人。
ノートに理由を書かせて、×の方から理由を聞いた。
【×の理由】
・なくても意味が通じるから。
【○の理由】 
・今の季節がわからないから。
・大造じいさんの余裕が感じられる。  
そこで、情景描写の意味を次のように説明した。

説明2:

このような文を「情景描写」と言います。(板書)情景描写には、二つの意味があります。一つは、字のとおり様子や情景を表します。もう一つは、登場人物の心の様子も表すのです。この文は、だれの心を表していますか。(大造じいさん)そうですね。同じものを見てもその時の心の様子によって見え方が違うものです。例えば、コップいっぱいの水を半分飲んだとします。残り半分です。それを見て、のどが渇いている人は、何というでしょうか?「もう半分しかない」と思うでしょう。しかし、のどが渇いていない人なら「まだ、半分もある」と思うでしょう。それと同じことです。つまり、この一文には大造じいさんの心の様子も表現されているのです。これからも、この情景描写が出てきますから。二つの意味があることを考えて読んでいきます。

学習活動5:「ううむ。」の意味を知る。

最後に、「ううむ。」を取り上げた。「感嘆の声」の意味を、説明した後、聞いた。

発問8:

大造じいさんは、だれに感嘆したのですか。

従来の解釈でいくと「残雪」ということになる。しかし、子どもたちの意見は次の2つに分かれた。
残雪:残雪のかしこさに感嘆した。
残雪とガン:残雪のかしこさと残雪の指導にきちんと従う仲間のガンに感嘆した。

私は、「残雪とガン」だと考えている。いかがであろうか。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド