TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/19 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9051547 更新:2012年12月28日

国語の授業の導入(フラッシュカード)


クラスには国語が苦手な子や漢字が好きな子、辞書が好きな子など様々な子どもがいる。
授業の導入で漢字のフラッシュカードをやることで、国語の苦手な子どもたちが活躍するという逆転現象も起きている。

()は子どもが言うところ。
練習は、2・1・0で言う。
しかし、子どもたちが読める場合は、子どもたちだけで言わせる。
教師が一回言ったら子どもが言う。これをもう一回繰り返す。

指示1:

鮭(さけ)鮭(さけ)
鯉(こい)鯉(こい)
鯨(くじら)鯨(くじら)
鰯 (いわし)鰯(いわし)
鮫(さめ)鮫(さめ)

第一声が重要。第一声で子どもたちをひきつける。
中学生の場合、言わずに本を読んだり便覧を読んでいる子もいる。
そういう子に対しては
「全員読みます。」
と言う。

教師が一回言ったら子どもが言う。

指示2:

鮭(さけ)
鯉(こい)
鯨(くじら)
鰯 (いわし)
鮫(さめ)

最後は子どもだけ言う。

(さけ)
(こい)
(くじら)
(いわし)
(さめ)

説明1:

日本にたくさんある漢字。
いろいろな漢字が読めるようになるといいね。

他の漢字のバージョンでも実践可能である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド