TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9246708 更新:2012年12月28日

和紙のちぎり絵であいじさいの花を


「知的障がいの小学部6年生に絵の指導を」といわれ、指導した「ちぎり絵」です。絵を描くのが苦手な子も楽しく制作できます。にじみの練習にもなります。補色や色のまとまりの学習にもなります。同僚の美術教師と相談して方法を考えました。
 全工程で児童が一人でできないときに教師が援助します。

■ 準備:手すき和紙(A3版くらいの大きさで画材店にある=これを4等分にして使う)、   アクリル絵の具(黄色、オレンジ、赤、青、緑、黄緑、むらさき)、筆、のり
   カップ7つ

1 和紙を染める

 ①A4版(B5でもよい)をジャバラに折る。
 ②カップに絵の具を溶く。7色分用意する。
 ③和紙の角をカップにつける。 紙の半分くらいつける。
    じわーっと色が染め上がって来るのを待つ。20~30秒。
 ④残りの3つの角からも染める。
    それぞれ、つける色を変えると変化があっておもしろい。
    ☆同系色や補色を意識して染める。
 ⑤破れないよう(ジャバラに折るのは広げやすくするため)紙をひろげて乾かす。
 ⑥乾いた紙は、しわを伸ばすためにアイロンをかける。  

2 ちぎり絵をする

 ①にじみを使って、空を表現する。これを台紙にする。 
 ②葉にする和紙を手でちぎって貼る。3枚の葉を描く。
     ※ 子どもの実態により、貼る位置をうすくえんぴつでかく。
     ※ のりづけが難しい子には、貼る場所にのりをつけておく。
 ③花にする和紙を手でちぎって貼る。葉の上に重なるように貼る。

3 額で装飾する

 ①絵を飾るときに使うパネルをカッターで切って、額として使う。
  ※額でトリミングする。作品の1番いいところを切り取って飾る。

クラス全員の作品

Clip_image007
Clip_image008
Clip_image009
Clip_image011
Clip_image014
Clip_image012
Clip_image013

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド