TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/06/20 現在)

21503
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3262459 更新:2012年12月28日

中学1年 古典 歴史的中仮名遣い・意味


矛盾暗唱 プロジェクター 消していく

説明1:

矛盾から問題を出します。

発問1:

「いはく」読む時は何と読みますか。

板書 いはく いわく

発問2:

とほさざるは

板書 とほさざる → とおさざる

発問3:

もつては 

板書 もつて → もって

説明2:

そう、正解。このような昔の読み方のことを、歴史的仮名遣いといいました。言ってごらん。
ちなみに、今の読み方を何と言うか知っている人?
これは現代的仮名遣いです。

発問4:

では二つ問題を出します。

板書 ①こたふる
   ②あたはざる

指示1:

ノートに書けたら持ってきなさい。

今のは「読み方」を答える問題でした。今度は「意味」を答える問題です。

板書 読み方
   意味

発問5:

鬻ぐの意味は何ですか。二文字で抜き出しましょう。

板書 ひさぐ → 売る

発問6:

売るです。では第二問。利なることは。4文字で書き抜きます。

板書 利なること → 鋭いこと

発問7:

では二つ問題を出します。

① 応ふる →(3    )
② あたはざるなり(6      )

ノートを見せに来させ、合格した生徒から「新国語の学力づくり“新古典学習スキル”基礎基本習得ワーク集」の№1・2・3・4・5のプリントをとらせていく。
№5の裏に答えを印刷しておき、自分で答え合わせができるようにしておく。

授業終了5分前までプリントに取り組ませ、残った時間でカルタをして授業を終了する。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド