TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/15 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3941663 更新:2012年12月28日

動物園のサルは人間になるか?


発問1:

人間の祖先は何ですか。

「サル」
「そうですか」(笑)

発問2:

では上野動物園のサルは、そのうち人間になるんですね!?

「え~、ならないよ」
「何度も子どもが生まれれば少しずつ進化して人間みたいになっていくんじゃないの」
「どっちなんでしょうね?」

発問3:

ところで人間とサルはどこが違うのでしょうか。

「二本足で歩けるかどうか」
「人間は陸上、サルは木の上で生活している」
「体毛が多いかどうか」
「道具を使えるかどうか」
「え、サルだって道具使うし」

発問4:

教科書にはどう書いてあるでしょうか。

指示1:

サルにはない人間の特徴を、20ページの中から、4つ探して、ノートに書きなさい。

様々出させてイメージをつかませた後、教科書でポイントをしぼると、スッキリまとめることができる。

指示2:

書けた人は見せに来なさい。

「おしい、3点」
「2点」
「3点」
「1点」
次々と個別評定していく。
「4点、合格! どれでも1つ、黒板に書きなさい」
出来た生徒から1つずつ、板書させる。
板書が4つそろったところで終了する。
「わからなかった人は、黒板を写しておきなさい」

以下のような板書になる。

人間の特徴
・二本足で歩く(二足歩行)
・言葉を使う
・火を使う
・道具を作る

「道具を作る」が難しい。人間以外でも「道具を使う」動物はいる。

発問5:

ところでこの4つの特徴のうち、人間が一番最初に獲得したものはどれですか。

「二足歩行だと思う人?」「言葉を使う?」「火を使う?」「道具を作る?」
1つずつ聞いていく。

発問6:

正解は二足歩行です。理由が説明できる人?

説明できる生徒がいれば、説明させるとよい。
いなければ教師が説明する。

説明1:

人類は二足歩行することにより、手が自由に使えるようになりました。手で道具を使うことによって、知能が発達していったのです。知能が発達した人類は道具を作るようになったり、火や言葉を使うようになりました。

実は、教科書を丁寧に読んでいけばわかるようになっている。

発問7:

上野動物園のサルは、そのうち人間になるのですか?

ここでもう一度、冒頭の発問に戻る。考える土台が出来上がったからだ。
「なると思う人?(挙手しなさい)」「思わない人?」「理由が言える人?」
ここでも、説明できる生徒に理由を説明させる。
いなければ教師が説明すればよい。

説明2:

人類の祖先はサルのように木の上で生活していたと言われています。手を使い、木の枝から枝へ移りながら、森中の木の実を食べて暮らしていました。あるときアフリカで乾燥が進み、森林が減少し、サルの住む場所がなくなりました。人類の祖先は森を捨て、陸上で生活するようになったと言われています。それで二足歩行するようになったのです。二足歩行する必要のない動物園のサルは、残念ながら人間に進化することはありません。

最後に猿人・原人・新人(ホモ・サピエンス)といった進化の過程や、使用するようになった道具(打製石器)などの重要語句を確認し、授業を終える。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド