TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/04/26 現在)

21599
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8883568 更新:2012年12月25日

入門 向山実践の楽しい授業~文を長く書く


(実践者 TOSS栃木・菊地はす江)

学級通信「四年生」№13に、4年生の国語の時間に、文を長く書く授業実践が紹介されている。
原文をもとに6年生で以下のような授業を行った。(行う予定)

指示1:

今日は作文の勉強をします。筆記用具だけ机の上に出しなさい。

と言って、400字詰め原稿用紙を1枚配布する。
原稿用紙を配布するのは、子どもの書いた文章の量が一目見ただけで、正確に把握できるからである。

指示2:

先生がこれからする動作を作文にしなさい。できるだけ長く書きなさい

そして次の動作を行った。
・廊下に出てしばらくしたら教室に入り、ドアを閉める。
・笑顔で「おはようございます。」と言う。
・黙って電気を全部つける。(最初に電気を消しておく。)
・ゆっくりと机の前に立つ。

指示3:

これだけです。さあ、書きなさい。

時間にして30秒程度の動作である。子ども達は「えっ」と言ってぽかんとしていた。

指示4:

書けたら先生の所に持ってきなさい。

ノートを持ってこさせて評定する。
2分ぐらいたって、最初の子が原稿用紙を持ってきた。3行程度の文であった。
赤えんぴつで「D」と書いた。次の子どもも「D」である。

先生が教室のドアを開けたあとに、大きな声でおはようございますと言った。
次に、教室の電気を全てつけて、そのままゆっくりと先生の机の方に歩き、机に両手をついた。 

しばらくして「C」をつけた。原稿用紙で半分を越えたものである。
そして10分経過したころ「B」評定の作文を書いた子が出た。以下の文である。

 先生は、朝、教室のドアをガラガラとゆっくり開けて、何歩か歩いてみんなの様子を見てから、にこにこ笑って「おはようございます。」と言って、教室に入ってきた。
 それから、先生は、暗かった教室に、時間割表の下にある電気のボタンをポチポチポチと三つつけて、ゆっくり歩いてきて、オルガンの前に立って、教室を見回した。

この作文を読んで聞かせた。子ども達は、これはすごいと感心していた。

発問1:

この作文のどこがいいですか。

「思ったことを書いている」「とても詳しく書いている」と答えが返ってきた。

説明1:

思ったことをたくさん書くことが、長く書くコツです。そして、見たことや聞いたことを詳しく書くことが
ポイントです。

「もう一度書き直していいですか」という声があがった。

そこで、次のように言った。

指示5:

もう一度さきと同じようにやってみます。今度はさっきより長い文章が書けるようにしなさい。

と言って同じことをして見せた。そして、もういちど原稿用紙を配布して書かせた。
2枚目を取りに来る子も出てきた。
「A」「AA」の子も出てきた。

最初に紹介した子どもの、2回目の作文を紹介する。

 先生は、朝来ると、ドアをガラガラと開け、教室に入ると、またドアをガラガラガラと閉めた。すると、何歩か歩いて、みんなにいつものスマイルで大きな声で「おはようございます。」とあいさつをしてくれた。
 するとみんなも先生に、大きな声で「おはようございます。」と返してくれたので、先生もほっとしていた。その後先生は何歩か歩いて、電気の前に立ち、カチカチカチとゆっくり3回スィッチを押した。すると、暗かった教室が、徐々に明るくなり、みんなも席について、学習をし始めようとした。机の上には国語ノートがあった。
 そして先生は、黒板の前に立ち、みんなを見回した。先生が何も言わないでも、みんなが自分から机に向かって静かに勉強しているので、先生はとてもうれしくなった。
 先生の今日の服装は、いつものひとつしばりにピンドメ、赤いTシャツにベージュのズボン。ベージュのくつした、花柄のサンダルだった。
 先生はとても元気そうで、みんなも先生の笑顔をみて、とても元気づいた。

ほとんどの子が、1回目の2~3倍の長さの作文が書けた。
嬉しかったのが、私の笑顔で元気づいたとか、先生みたくなりたいと書いてくれた子が多かった
ことです。(^_^)

ここまでで1時間の授業である。まだ書きたい子がいるので次のように言う。

指示6:

もっと書きたい人は、家で書いてきていいですよ。

そして、表現の工夫があったり、五感を使って表現した文などは学級通信で紹介する。
この実践で大切なことは、子どもの変容をしっかりとほめることである。

*他の先生方の実践*
以下№はTOSSインターネットランドの番号です。
・№1117149  文を長く書かせる指導ー青坂信司氏の論文の追試ー(TOSS郡山  小野一豊先生)
・№1115166  向山型作文指導「文を長く書く」指導の追試(田口広治先生)
・№1111427  文を長く書かせる指導(TOSSオホーツク 宍戸威之先生)
・№1112205  2年生「長く作文を書かせる授業」(中川隆芳先生)


1回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド