TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2210152 更新:2012年12月25日

除草に一生懸命取り組む子を育てる方法


この方法は、次の条件に当てはまる学校・学級に最適である。

1 清掃の時間などに、除草をする学校で、各クラスに分担場所がある。
2 クラスの人数分鎌が与えられており、しかも新しいものと古いものが混ざっている。
3 分担場所に子どもたちがなかなか集合しない。一生懸命除草をしない子がいる。

子どもたちは、新しい鎌をほしがる。そこで、

鎌を清掃場所にもっていき、早く集合した子から新しい鎌を与える。

これで、多少早くくるようになるが、まじめに取り組むとは限らない。そこで、

刈り取る量を決めておく。例えば、一人100本、自分の両手いっぱい、などである。達成した子は終了とする。

の見えない仕事ほど、つらいものはない。そして、

目的を達成した子は、約束通りやめてもいいと伝える。

刈り取る量などは、場所の様子をよく把握して、簡単に終わらない程度を教師が判断することが最も重要。
しかし、それでも続けようとする子がいる。

目的を達成しても、自分からもっと取ろうとする子を、大いにほめる。ほめあげる。

れにより、一生懸命刈り取ろうとする子が増える。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド