TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/21 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2320590 更新:2012年12月25日

ADHDの子の問題行動の把握・そのポイント


ADHDの子の問題行動を、きちんと分析して把握することが大切です。ポイントを紹介します。

なお、このページの内容は、本校に定期的に来校しているスクールカウンセラーの臨床心理士の方からいただいた資料と、その先生を講師に招いた校内研修のときの資料・そして個人的に質問したことについてのお答えをまとめたものです。

以下の4点をまず把握すること
① いつ
② 誰に対して
③ やり口
④ 具体的な情報の記録

いつ

その問題行動が、いつどの時間に起こるのか明確にする。朝の会のときなのか、算数の時間なのか、給食のときなのか・・・。「いつもそうだ」と思いがちだがパターンがあるはず。何か失敗した後なのか、うまくいった後なのか、何もすることがないときなのか・・・など

例①
2時間めの休み時間になると、外へ出て行く。友達と虫とりに夢中になってしまい、授業開始時刻に戻ってこられない。他の休み時間には外へ出ないので、しっかり授業開始には間に合っている。2時間目の休み時間に外へ出ようとする瞬間に声をかける。
「3時間めは○分からだよ。時計を見て戻ってこられるかな」同時に友達にも同様に声をかけ「気付かなかったら、呼んで一緒に戻ってきてね」と念押しする。

例②
朝会や全校集会など、体育館での集まりになると、普段以上に落ち着かない。何もすることがなく、人の話を聞いているだけ、というのがだめなようだ。

自分の場所にすわっていられず、ウロウロと列から抜け出してしまう。隣に座って「今は、委員長のお話だね」「次はクイズみたい。
どんなクイズか問題ちゃんと聴かないと応えられないね」と声かけをしていく。

誰に対して

その行動はだれに対して向けられているのか。特定の教師に向かってか? 特定の子どもに対してか。グループなのかなど・・


虫とりに夢中になっているA君。取った虫を持ちかえりたいために、「袋をください」と言ってくる。担任が「教室にはないよ」と断ると職員室へ行き、用務員さんに声をかけて袋をもらってきた。
以来、用務員さんなら何とかしてくれる、と思ったらしく頻繁に職員室へ出入りするようになる。授業が開始されている時刻になってもお構いなしになってきた。
そこで、用務員さんや職員室の職員に「授業が始まっているから教室へ戻ろうね」「袋は担任の先生からもらおう」と話してもらうようお願いする。

やり口

具体的なやり口について、明らかにする。たたく・物を投げる・悪態をつく・身体を使った行動なのか・言葉を使った行動なのか。そしてその行動の強さはどのくらいなのか。


他の児童に対して危害を加えることはない。が、物を壊すことはある。雨上がりの下校途中、傘を振りまわしながら歩いていて、プロック塀に傘があたり骨が折れてしまった。ヒーローのまねをしてかなり力いっぱい振りまわしていたと、他の児童から話がある。「危ないよ」と注意してくれた子もいたようだが、そのときはまったく耳に入っていない。

記録をとる

具体的な事実を集める。自分をイライラさせる行動については過度に大きい問題ととらえがちになることを自覚すること。もちろんその逆もある。自分の印象は必ず分けて書くように心がける。一人だけの主観でなく、他の教員から見た事実も入れるとよい。

記録については、生徒指導委員会や就学指導委員会の資料としても使えることが多いのでまめにとる。他のクラスの教員や養護教諭、その他かかわりを持っている教員たちからの情報を集める。そのためにも生徒指導委員会などで定期的に状況を報告し、どんな方針で指導していくのかを全校で共通理解していく体制作りが必要になる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド