TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5993815 更新:2012年12月25日

3分間の授業分析 47


3分間の授業分析 47

                 福島県 下重和也 

分析47 ノートスキル

テープ起こし 47回目

5年東書。 一番最初の授業です。

TTの先生の紹介を30秒ぐらいしました。
次からです。

T では、今からプリントを配りますからもらったら名前だけ書いてください。

【 「では」不要。】

 ノートスキル配付。

T 名前を書きなさい。

【繰り返さない。】

T 書けたらかけました。
C かけました。
T 早いな。一等賞、2等賞。早いな。3組の人は早いな。
T はいよし、合格。字も丁寧だ。

(休み時間に怪我をした子に「大丈夫?」と聞き、保健室に行くように指示。)

T はい、これは、向山型算数ノートスキルと言います。
ノートが上手に書けるようになるためのお勉強です。ノートが上手に書ける人は
お利巧になります。反対にノートをとるのが下手くそな人は今、いい成績でも
どんどん下がっていくようになります。
ですから、ノートを上手にとるための練習をしたいと思います。
左のページのお手本を見て、右ページにそっくりそのまま写すんですよ。
日付、ページ数ができたら男の人は下重先生、女の人はm先生に持っていって丸を
つけて頂きます。
Tできたら先生のところに持ってきます。
T 持ってくんだよ。
T そっくりそのままじゃねえな。
(何人か続く。)
T 合格。一人目。
T 残念。
(何人か続く。)
T 合格。二人目。
T 定規を使ってない。

【赤で囲むを分かると思っていたが、ほとんどの児童が鉛筆でなぞってきた。
失敗であった。きちんと言ってあげるべきであった。】

T ハイやめ。丸をもらった人手を上げなさい。
T 1,2,3,4,5,6.ハイよし。日付を書いて、ページ数を書いて、赤で
囲むんですよ。赤で、囲んでない人は赤で囲みなさい。
T さて、約束があります。消しゴムの使い方です。算数、数学ができる
ようになるためには消しゴムを使ってはいけません。これは、先生がい
ったんじゃない。糸川博士と言う人がいます。
日本のロケットを作る、ロケット工学の第一人者。ばあ~んとロケットを
打ち上げるその第一人者糸川博士。一番えらい人。算数、数学の天才です。
その人が算数、数学ができるようになるにはノートを消してはいけないといっています。
絶対に消しゴムを使わない。でも、どうしても使いたくなるそういうときがあると思います。
そのときは一時間に1回、2回くらい使ってもかまいません。
なるべく使わないでやるようにしましょう。

反省
 1 趣意説明を意識して授業していった。ちょっとくどく感じた。
 2 はい。が多い。久しぶりに自分の授業を聞いたら
   やはり悪癖はなくなっていなかった。残念。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド