TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/23 現在)

21535
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3577502 更新:2012年12月24日

3分間の授業分析 26


3分間の授業分析 26

                  福島県  下重和也

分析26 「小数のかけ算とわり算」 かけ算の部分のテスト

テープ起こし 26回目
昨日テストをしました。
その様子を報告します。
平均点は数学的思考 93点。表現処理 95点。知識理解 94点。
これは我がクラスの最高点でした。

東書 4年 小数のかけ算とわり算 かけ算の部分のテストです。

まず、テストと計算に使うノートのコピーを渡し、名前を書かせました。
そして、次のように言いました。

T 見直しって、何と何と何をすることだったけか。覚えてますかH君。
C やってないところを・・・・・(聞き取れず。)
T やってないところを聞こえないぞ。お助け。S君。
C 一度やった問題をもう一回やる。
T もう一回やる。あとは?
C あとは・・・・・
T じゃあ、K君。
C はい、やった問題をもう一回やる。単位とか書き忘れてないか確認して、
やってない問題はないか確認する。
T そうです。その3つのことを見直しといったのです。もう一回やるために、
そのプリントでやってもらいます。それから、ああ、計算をして、あ、筆算をやるの
に、この場所ではやりずらいないう問題があったらそのプリントを、今渡した
ノートをコピーしたプリントを使って計算をしなさい。
ですから速く終わったら二つ計算ができるというようになります。
では、今日は問題を読みません。自分の好きなところ、好きなペースで
やってください。どうぞ。

(教師は児童の計算ミス、間違えをチェックしていく。チェック
するだけで、指導はしない。正進社のテストなので見直しらく
らくシートで誰がどの問題を間違っているかチェックしていった。)

時々指導の声が入る。

T 言われなくても定規を使っているな。えらい。それでこそ、もうすぐ5年生にな
る人だ。

T 言い忘れました。プリントに計算する場合には□1の(1)ですよと書いておか
ないと後から比べられなくなってしまいます。書いておいてください。

T 見直しのプリントがなくなったらばもう一枚ぐらいずつありますからもらいに
きてください。

C 先生、出来るかなってやるんですか。
T 出来るかな?見直ししてからやりなさい。

T 一回目の計算の答え見ないで計算すんだカンナ。

T ちゃんと問題の番号かいてないと分かんなくなっちゃうよ。

T もし、2回計算して、違っていたら2回目が正しいとは限りません。どっちが
正しいかなとよく考えてください。2回目が正しいとは限らないからな。

T お隣さんと2本指計算入らないと駄目だよ。算数のノートと同じだよ。
C やべえ。入んない。
T いいから。先生言わなかったから。次から入るようにしなさい。

T どっちが正しいかわからなかったら3回目の計算やればいいでしょう。

T どっちかわからなくなったらもう一回、3回目の計算すれば分かるかもしれないよ。

C まちがってた。
C 助かった。
C 助けられた。

T あと15分。焦らなくてもいい。一回目の計算は終わってんだから。
2回目の計算は間違えないように、正確にゆっくりやっていい。
C 「出来るかな」ができない。
T 「出来るかな」は出来なくてもいい。急いでやって、間違えるより、ずっといい。

T 2回見直して、精も根も尽き果てた、そういう人は「出来るかな」分からなく
ても本読んでいいですよ。

残り、10分で丸付けはじめました。

T ○付けてもらいたい人は並びなさい。

今回のテストは最高点でした。
平均95点。
「先生、おれ初めて95点取った。」と言ってきた男の子がいました。
「すごいな。やったな。がんばったかいがあった。」と肩をたたいて誉めました。
この子は、筆算の仕方がわからず、最初はまったく出来なかった子です。
何度も赤鉛筆で薄く答えを書いてやりました。その子が95点を取りました。
感動です。うれしかったです。

しかし、55点の児童が一人いました。
一番算数が苦手な子です。この子はコンスタントにこのぐらいの点数を
とるようになってきました。誉めてあげましたが、自分の力不足を感じました。
(前回の「かわり方調べ」では75点だったのに・・・・)

テストの仕方の自分なりのパターンが出来たような気がします。
ポイントは詰めだったのです。
見直しとは何をすることか、確認するだけでは駄目なのです。
実際にもう一度計算させることを徹底してつめていった。それが、
今回の高得点につながったのだと思います。

見直しにもう一度計算させる効果は抜群です。
「見直しらくらくシート」に間違った児童の名前をチェックしていきましたが、
提出されたときにはほとんどの児童が克服していたのです。
2回計算した成果だと思います。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド