TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/23 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1076375 更新:2012年12月25日

草かきの材料(S45C)を授業する


草かきの材料(S45C)を授業する

実際に、草かきの材料となる複合材(S45C)を授業する。

S45C(150×100×3.2)を用意する。※4月の時点で業者に必要な枚数を用意してもらっている。

説明1:

これは実際に、みんなが使う金属材料です。S45Cといいます。ノートに書きなさい。

発問1:

S45Cの「S]というのは、どんな意味があるかわかる人。

説明2:

Sは、スチールのSです。スチールとは鉄のことです。
線を引っ張って「スチール」と書きます

発問2:

では、S45Cの「C」は、どんな意味があると思いますか。理科でできたが元素記号です。

「炭素」「その通り」

説明3:

 Cというのは、炭素を表しています。
 線を引っ張って、「炭素」とかきます。
 そうすると、45、というのは、何かというと、炭素をどのくらい含んでいるかを表していあます。
 45というのは、炭素を0.45パーセント含んでいることを表しています。
 金属は、炭素を沢山含むと、硬くなるのです。

説明4:

教科書20ページを開きます。
3表、金属の特徴と用途とい表を見ます。
表の左、金属の種類と改訂あるところを指で押さえます。
上から、みんなで読みます。軟鋼、さんはい。

発問3:

 S45Cというのは、何と言う種類の材料ですか。わかった人はサッと手をあげます。

「硬鋼」「その通り」。表を横に見ていく。みんなで読む。鋳鉄まで。

説明5:

この材料は、硬鋼なのですが、実際は、複合材といって、硬鋼と軟鋼をくっつけて作ってあります。
このままでは、どちらが硬鋼で、どちらが軟鋼か見分けが付きません。
一つだけ見分ける方法があります。火花を見ます。

生徒をグラインダーの前に集め、材料の火花を見せる。1回ではわからないので、何度かやってみせる。照明も消したほうが見やすい。
 ほぼ全員が違いに気づいたら、次のように発問する。

指示1:

テ2つの火花の違いが、わかるように、ノートに書いて持ってきなさい。

鶏の足のように、火花の先が割れている火花と、線香花火のやなぎのような火花がかけていれば合格。

説明6:

このよに、鶏の足のように、火花の先が割れる方が、硬鋼。ちょんちょん、と小さな火花が沢山出るのが軟鋼です。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド