TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/21 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7653538 更新:2012年12月25日

くっつきの「を」の授業(向山洋一氏修正追試)


タオルを用意して、バケツの中に入れる。
黒板へ、次のように書く。

たおる

をいれた。

T 「タオル、オイレタ、ですね。」

C 「違う違う。」

C 「タオルを いれた、だよ。先生。」

T 「先生は、書いてある通りに読んだんだよ。」

【を】の位置をたおるに寄せるんだというので、
次のように書いた。

たおる

いれた。

 
T 「タオル、オ、イレタ、ですね。」
 
C 「先生、違う~!」のブーイング。
 
たおるの下だと言うので、次のように書く。

たおる       を

いれた。

T 「タオル、オ、イレタ。」

C 「違う~!!」

T 「先生、たおるのすぐ下!!」

子どもたちは大興奮。

T「わかった、わかった。これでどうだ!」

たおるお

いれた。

C 「違うー!!!」

T 「だって、タオルオイレタじゃないですか。」

C 「くっつきのをは、【を】を使うんだよ!」

ようやく、正しい文、「たおるを いれた。」になる。

言葉にくっつく「を」は、【を】を使うルールを確認した。

その後、「えをかく」「ほんをよむ」も、同じように教師が間違えながら黒板に書き、習熟させる。

しつこいが、子どもたちは喜ぶ。

ここまでで、ノートは、次のようになっている。

①たおるをいれた。
②えをかく。
③ほんをよむ。  ※「を」を赤鉛筆で囲ませている。

最後に、④⑤で「くっつきのを」を使った文を作らせた。

全員が正しく作文することができた。

※原実践 向山洋一著『教え方プロ・向山洋一全集5 入門期の国語授業』


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド