TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/19 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7097854 更新:2012年12月24日

沢山書かせるには「例えば~」という例示を行え


沢山書かせるには「例えば~」という例示を行え

生徒にわかったこと、気づいたこと、思ったことを沢山書かせるには例示が必要である。

中学技術・家庭科の授業である。東京書籍「新編新しい技術・家庭」154~155ページを次ぎのように授業した。

指示1:

 教科書154を開きなさい。開いた人、先生の方に見せます。

指示2:

できた人、ノートの新しいページを開きます。
      今日の日付と「電気」と書きます。書けた人さっと手を挙げます。

ある程度、手が上がったら、次ぎのように発問する。

発問1:

154・155ページの写真をみて、わかったこと、気づいたこと、思ったことをノートに箇条書きにしなさい。
      5つ書けたら先生の所へ持ってきます。例えば、ドライヤーがる、とか、電線がある、とか、そういうもので
      もいいです。

すぐに一人男子が持ってきた。「早い。1番」と言って番号を書いてさらに考えさせた。その後、次々に生徒が持ってきた。
 全員が持ってきたら、「10個かけた人は先生の所へ持ってきなさい」と指示をした。生徒たちは、競うように持ってきた。
 見開き1ページに30近くかいた子もいた。生徒の内容は、「~だから~だろう」という記述はなかった。「~がある」という記述ばかりであった。
 とにかく沢山書かせるには例示や、書いた数を目安を作ることは大切だが、「~だから~だろう」という高度な考えを書かせるには、さらに別の指導が必要である。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド