TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9563498 更新:2012年12月24日

宿泊学習の時に盛り上がる、肝試しのやり方 


前提条件

① 二人で一組(男女ペア)
② 男の子と女の子のペアは前もって決めておく
③ 「あの子と行きたい」とみんなの前で表明し、本人の承諾を得れば、ペアとなる
④ 「そんなのいやだ」という子は、クジになる
⑤ あらかじめ、「男女手をつないでいく」ことを伝えておく 

1 怖い話をする

出発地点は、キャンプファイヤー場の上にある。
ちょっとした谷へ降りていかねばならない。
むろん、まっくらである。  
(プロ教師への道 明治図書より引用 以下、□囲いはこの本からの引用文)

怖い話をする。(谷実践 向山先生は、やったかどうか分からない。)

① 男の子と女の子のペアを確認させる。
② 「今から、スタートです。」と声をかける
③ ふと、思い出したように怖い話をする

次のように話す。

「ちょっと、みんなに言っておこうと思って忘れていたんだけど・・・。  あのね、今から二人組でずっと歩いていくわけですけれども、  もし、後ろから誰かついてくるな〜、という感じがしたとしても、  振り向かないようにしてください。  多分、大丈夫だと思うんだけど、さっき、管理人のおじさんに、  先生話しをしたときに、  今から15年前くらいになるのかな、みんながこれから通っていく道に  池があったでしょ。あの池にね、男の子が落ちて死んじゃったという事件が  あったんですって。」

2 個別にする

私は、順番待ちをしている列を、十メートル後方にさげた。そして、すわらせて待たせることにした。次に、出発する二人を、谷底への入口近くによびよせた。これで集団とは離れることになった。

 ① 初めに出発する二人を呼ぶ
 ② 待っている人からは見えないようにする
 ③ 連れていく場所は、集団から死角になるところがなお良い。

3 二人の肩に手をおく

二人に、谷底の方を向かせた。まっくらである。私は子どものうしろに立つ。
三人とも谷を向いているかっこうだ。
二人の肩をたたいて、「もう、絶対にうしろをふりかえってはいけません」と言う。

① 二人を出発する方向に向かせる。
② 教師は子どもの後ろに立つ。
③ 二人の肩に手そっと手をおく
④ 振り返ってはいけないことを伝える。

4 手をつながせる

待ち時間は、40秒である。私は、二人に「ゆっくり40まで数えなさい」と言う。
私も一緒に数え出す。私は、「ゆっくり」と「低い声」で数える。
子どもの中には、やけに「カン高い声」や「いそいで」数える子どももいる。
私は、「ゆっくり数えなさい」と言う。
わずか10まで数えるのだが、足がふるえている子どももいる。二人の間が近くなる。

私は、ゆっくり、機械的に言いながら次のように言った。

ろーく。 しーち。 はーち。 きゅう。 じゅーう。

手をつなぎなさい.

じゅういち。 じゅうに。 ・・・・・。

じゅうの次に「手をつなぎなさい」を入れる。
そして、そのまま、機械的に「11」と続ける。結果はというと大成功だった。

① ○○秒数えたらスタートすることを伝える
② 「ゆっくり」と「低い声」で数える
③ 数える間に 「手をつなぎなさい」を入れる

4補足① 4をしても手をつながない場合

60組のうち、二・三組が「えっ。手を?」などと声を出した。
私は同じトーンで静かに言った。
「全員つなぎました。」
これだけのことである。これ以外一言も言っていない。
これでピタリとおさまった。全員手をつないだのである。

① 静かなトーンで言う。
② 数える間に 「全員つなぎましたよ」と言う
③ 教師が判断して、4補足① 4補足② をする

5 それでも手をつながなかったら

上記のことをしても、手をつながなかった場合
以下の2点を疑う。

① 学級経営の問題がある 
② 先生と子どもの関係が上手くいっていない

6 向山先生は、なぜ、肝試しの実践を紹介したのか

私は、ペアの二人の手をつながせようとした。ところが「いやだ」といって全然うけつけない。とてもとても困難である。困難であればあるほど、私は挑戦する。このような瞬間的な思いつきが、一つの方法を生み出すことが多い。

谷先生は次のように言う。

向山氏は、どのような些細な場面であれ、「これでいいや」と妥協する自分を許さなかったのである。必ず、何とかできるはずだと考え、あらゆる局面で挑戦し続けていたのだ。だからこそ、巨大で歴史的な実践郡を提起できたのである。このささやかなきもだめしの場面での向山氏の「挑戦」には、そのような氏の姿が象徴されている。
教室ツーウェイ 2008 1月号より

肝試しの実践は、私たち教師の進むべき道を示している。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド