TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/09 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5626468 更新:2012年12月22日

1年生担任!(4月)


生活編
①自分のことをやるのに精一杯なので、一人一役の当番活動、係活動は6月くらいからできるようになる。
②トイレが近い(膀胱が小さいらしい)ので、タイミングをみてトイレに行くよう声をかけるといい。
③基本的に、先生と自分、1対1対応である。「自分の狭い世界」と、「担任の先生」しか見えていない子が多い。
④やりたくない、おなかがいたい、食べたくないなど、訴えにくるのは、気を引きたいサインであることが多い。
⑤隣に座っている子のことは見ていない。(友達の名前を知らなかったりする)
⑥お手紙を配るのも1枚ずつ確認してからがいい。
⑦家庭数のお手紙を配るとき、「学校にお兄さんお姉さんが居る人」と聞くと、ペアの6年生のことをさしている子がいた。
⑧休み時間の過ごし方を言ってから休み時間にする。(トイレに行く、着替えをする、いってはいけない場所等)
⑨ルールをきちんと決めて一つずつできることを増やしていく。(話をしっかり聞かせるために、静かになるまで話さない、並ぶまで待つことも必要になる)

学習編
①基本的に、伸びたい、賢くなりたい、分かりたい、褒められたい、自分を見てほしいというのが1年生。
②ひらがな練習は、1時間に書く文字数が少ない方がいい。(今年度は主任に合わせて、たくさん書くバラ式のプリントである。8文字やらせるのが精一杯。)
③4月はじめの集中力は、15分~20分くらいである。コマで授業を組み立てる。(絵本の読み聞かせ、音楽を流して体ほぐし、ダンスなど休憩を入れる)
④友達の話を聞く、発表をすることはまだできない。やってみせてほめるの繰り返し。
⑤体育、ケンケンパなどリズムがとれない子が多い。調査をして、それに合った指導をしていきたい。
⑥自信がなくて、どんなふうに描いていいかわからなくて、絵を描こうとしない子がいる。(とにかくおだてて褒める、一緒に書いてあげる)
⑦まだひらがなが読めない子がいるため、文字情報は少ない方がいい。
⑧黒板を見て、書くのはむずかしい。横に置いてある(書いてある)ものを写すのはいい。うつしまるくんなどの視写がとってもいい。
⑨線をなぞることも難しい。
⑩手首をやわらかく回して丸を描く事ができない。
⑪リズムをとりながら、歌うということは高度である。
⑫図工や音楽などで、「自由にやってごらん」というのは無理。一年生のうちは、全員で同じものを作るなど、できる体験をたくさんする。

給食編
①初めてのメニュー、見たことのないものは食べたがらない。
②偏食を直せるのは小学生までであることを、保護者会でもきちんと話して、好き嫌いをなくすよう努力させる。

保護者編
①フルタイムで働いている方も多い。細かくお手紙を見ていられない。
連絡帳に書くと、すぐに返事ができない、文字で残ってしまう、返事を書いている間目の前の子どもを見ることができない、という理由を話し、なるべく「電話」してもらうようにお願いする。(電話ならすぐに解決でき、文字よりもやわらかく伝わることが多いので、おすすめの方法である)
②家庭訪問では、おうちでの様子、お手伝いの様子、子どもと親の関係をつかむだけにしておく。いろいろと注文をつけるのは、夏の面談以降にする。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド