TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/10/16 現在)

21530
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5845239 更新:2012年12月21日

道徳:手品師


◇道徳の副読本に載っているお話です。
 最後の部分をカットして印刷し、配布しました。

発問1:

このお話を読んで、?(ハテナ)と思うことは何ですか。

 ・友人とはどういう人か?
 ・なぜ、うでがいいのに売れないのか?
 ・男の子のお母さんは、この後帰ってくるのか?
 ・パンを買うのにも楽じゃないのに、なぜ働かないのか?なぜ、電話があるのか?
 ・手品師は町を歩くとき、いつも手品の種を仕込んでおくのか?
 ・手品師は、迷った後、どうしたのだろう?
 
 最後の疑問が、最も多くの人が持った疑問でした。
 そこで、次の問題についてみんなで話し合いをしました。

発問2:

手品師はどうすればいいだろうか。 

男の子と一緒に、大劇場に行く。→23人
   ・男の子といっしょにステージに行けばいい。
   ・男の子をよんで大劇場で手品をすればいい。
   ・男の子を連れて大劇場に行き、自分は手品をし、男の子はそれを見る。
これが大多数の考えでした。

男の子をうらぎる。→2人
   ・うらぎる。
   ・ただ男の子一人の前でやるよりも、大劇場のステージの上でやる方がいい。

まず、大劇場に行き、その後、男の子の所へ行く。→1人
◇「裏切る派」対「裏切らない派」で、話し合いとなりました。
 「裏切る派」でがんばったのは、Nさんでした。何度も何度も、意見を言ってました。
脳味噌がグルグルと回転したことでしょう。
 私も「裏切る派」に味方しました。
「パンを買うのもやっとの生活をしてるんです。大劇場という夢がかないそうなんです。
 男のには電話しといて、まず大劇場に行って大活躍して、その後、ゆっくりと男の子
 の目の前で手品を見せればいいじゃないですか。有名になったら招待してもいいし。」
 
◇さて、感想です。私への反撃の文を載せます。

先生に質問です。もしうまくいかなかったらどうするんですか。
男の子に相手にされないかもしれません。(Yさん)

先生が言ったことはまちがっています。
少年を後回しにして立派になってその目の前でやるなんて、もっときずつくと思います。
しかも後回しにされたと思って1年後くらいに来て、うらんでるかもしれない!(Kさん)

先生、男の子の住所や電話番号や名前を知っているのですか、その手品師は。
もし私だったら、初めて会ったあの町のところで、来るのを待ってるけどな。
(Nさん)

◇この結果は・・・、次週、解決編を待て!

・・・・・・・・・・・この後は、次の週の道徳の授業です。・・・・・・・・・・

◇小雨が降り続き、とってもムシムシした中での5時間目、後編となりました。
 
 おおまかな授業の流れを記録します。
    
 「男の子といっしょに大劇場に行く」」という23人の考えが、
無理な状況であることを確認しました。
 「今すぐ出発しなければならない、今すぐ決断しなければならない」という状況なのです。

発問3:

「さて、手品師はどうすればいいでしょう。」

 再び、この問いについて書かせました。時間は3分間。
 その後、意見の発表。全員が発表しました。
「できるだけ、前の人と意見をつなげて、作文君に書いたこと以外のこともしゃべってみよう。」
ということを注文しました。途中で、質問のやりとりもありました。
 さて、結果は?

 大劇場に行く→11人
 男の子の所へ行く→15人

 いよいよ道徳の本を読んで確認です。
 2週間ぶりで答えがわかります。
 手品師は、「まよいにまよった」わりにはすぐにきっぱりと、友人の誘いを断ってしまったのでした。
 最後に、この時間の感想を書かせて後編・解決編が終了となりました。
 なんか、いまいちスキッとした解決にはならないような教室の雰囲気でしたね。

手品師に、なぜ男の子の方へ行ったか、聞きたいです。
今しかチャンスはないかもしれないという時に、
うではいいのにみんんなに実力を見てもらえないなんて、残念だと思わないのでしょうか。(Bさん)

手品師に言いたいこと
なぜ自分の夢を捨ててしまうのか。
本当はみんな、そんないいことがあったら、うれしがってやるのに。私だったらそうだな!
でも手品師にとっては、男の子とのやくそくが大事だもんね。(Nさん)

ぼくは、そんな考え(「大劇場に行く」)は、心が黒くなってしまうと思う。
男の子も手品師を信じているんだから、大劇場に行くなら、
期待をうらぎらない方がいい。(Tさん)

ぼくは、手品師は勇気をもって、よく言えたなあと思った。
ぼくだったら、そんなにきっぱりと「明日は行けない」と言えない。
手品師は、すごい。 (Kさん)

ぼくは何で両方を選ばなかったのか、不思議だ。
それに、『たった一人のお客様』とあったけど、
イラストでは、「たった一人と一匹」の方が正しい!
(Yさん)

◇私も、なんとか両方が満足する方法を選びますね。
 “すぐに町に行って置き手紙をしてから大劇場に向かう”なんてのは、どうかなあ。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド