TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 6999275 更新:2012年12月21日

3学期のスタートは、目標を漢字一字で表現させろ


3学期のスタートは、目標を漢字一字で表現させろ

瀧澤広人氏の「新年の目標を漢字一字で表す」を修正追試した。修正点は次の3つである。
 ・「新年の目標」を、中学3年と言うことで、「3学期の目標」とした。
 ・「2学期は~だったので、3学期は~したい」という例文を示した。
 ・書いた一字は、ラベルに書かせ、その日の学級通信に載せた。
 学期のスタートを気持ちよく、スムーズにきることができる実践である。

 3学期の始業式を終えた後の学活20分ほどの実践である。通知表を集めた後、次のように行った。
  【準備品:シールラベル】

シールラベルを配る。

指示1:

ラベルの右下に名前を書きます。

説明1:

3学期の目標を考えます。このように考えます。

 「2学期は~だったので、3学期は~したい」と板書する。

指示2:

 思いついた人は、さっと手を挙げます。

 何人かが手を挙げたら、次のように指示した。

指示3:

今、考えたことを漢字一字で表します。

説明2:

先生は次のように考えました。
先生は2学期、感情に流されて、淡々と仕事ができませんでした。だから、3学期は、冷静に淡々と仕事をして、みんなの進路の決定を、きちんと進めていきたいです。そこで「冷」という字を選びました。

「先生、意味がわかりません」という生徒が一人いたので、次のようにもう一度説明した。

説明3:

3学期の目標を書きます。ラベルに「2学期は~だったので、3学期は~したいです」と書きます。ここまではいい?

生徒から「はい」という返事が返ってきた。

説明4:

そしたら、書いた中から、目標を一番表す一字を選びます。それを、このように書きます。

実際に、ラベルの形を書き、その中に 一字と文章を書いて見せた。

 このやり取りを聞いていた生徒から質問がでた。「文章の中から、選ばないといけないのですか」
 「いいえ、そんなことはありません」と答えた。

 鉛筆が動かない生徒が見えたので、次のように説明した。

説明5:

こんなのでも良いです。
2学期は最後まで続けることができなかったので、3学期はすべての物事を最後まで続ける。
  「続」

記入し終えた生徒かた持ってくるように指示した。
もって来た生徒は、先に持ってきた生徒の目標を楽しそうに眺めていた。
書かれたラベルを学級通信に貼り、放課後の学活のときに配布した。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド