TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/08/19 現在)

21412
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1725808 更新:2012年12月16日

結んで相和す日本人の心からいじめを考える


(旅の絵)

説明1:

昔は、旅をするのが大変でした。旅人は皆「むすび」を持ってでかけました。
どうして「むすび」を持って出かけたのでしょうか。「むすび」の意味をお勉強をしましょう。

発問1:

「むす」の意味はどれでしょうか。 A 蒸す(蒸気で蒸すのむす。)
                      B 産す(こけむすと言います。コケが生える、ということです。その産す。)
                      C 咽す(むせるの咽す。)

指名する。

説明2:

正解はBの「産す」。産まれるという意味からできました。

発問2:

産まれた子が男の子なら何といいますか。

指名する。 (むす/こ彦)

発問3:

産まれた子が女の子なら何といいますか。 

指名する。 (むす/め姫)

説明3:

産す/び・・・何かが産まれているはずですよね。「び」は、もとは「ひ」でした。

発問4:

どんな「ひ」が産まれたのでしょうか。 A 火   B 氷   C 霊

指名する。

説明4:

正解は、Cの霊です。霊力と言います。霊は神の力です。
むすびは、神が宿る食べ物だと昔の人は考えていたのです。
力を借りるために「結び」を持って旅立ったのです。
日本人は「結ぶ」ということを、ことのほか大事にしてきました。

(注連縄の写真)

説明5:

例えば神が宿るという注連縄。結んでいます。 

(お飾り)(水引)

説明6:

これも結んでいます。 

説明7:

田植えや稲刈りをするときには、みんなで助け合い固い絆で結ばれていました。
このことを「結い」といいました。

(屋根を葺き替える写真)

説明8:

屋根を葺き替えるのもみんなで助け合いました。
これも「結い」です。このように日本人は、昔から助けあうことを大切にしてきたのです。

(お祭りの写真)

説明9:

このような結びを大切にする生き方は、祭にも表れています。
お御輿を担ぐとき、「ワッショイ、ワッショイ。」と言うでしょう。

発問5:

「ワッショイ、ワッショイ」はどんな意味か知っていますか。

指名する。

説明10:

「ワッショイ」は、「和合しよう」が縮まったものだと言われています。
「和合しよう」は、「みんなで一緒にやろうよ」と言っているんです。

発問6:

「ソイヤ、ソイヤ」とも言いますね。どんな意味だと思いますか。

指名する。

説明11:

これも、「添い会おう」つまり「仲良くしよう。」と言っているんです。
私たち日本人が昔から大切にしてきたのは、結び合う生き方だったのです。

説明12:

今はどうでしょう。いじめについて考えます。

発問7:

どういうことをするといじめになるのですか。 

指名する。 (悪口を言う・たたく・ける・お金をとるなど)

発問8:

実際このようなことをするとどうなるのでしょうか。

たたく・ける = 暴行罪、 けが  = 傷害罪、  トイレにとじこめる = 監禁罪、
言葉     = 侮辱罪、 うわさ = 名誉毀損、  お金をとる     = 強要罪

説明13:

実は、いじめのそのほとんどは、犯罪なのです。いじめが許されない理由のひとつです。

説明14:

さらに、実は、いじめと脳は、とっても深い関係にあるのです。これも理由のひとつです。 
人間の脳は、3つの部分からなりたっています。
赤いところ。
命を支えるところです。息をしたり、おしっこをしたり、うんちをしたり、物を食べたりするための大切な脳。これは、は虫類からありますから、へびの脳といいます。
そして、オレンジ色のところ。
喜んだり、悲しんだり、笑ったり、そういう気持ちを考える、気持ちをつかさどる脳。これは、ネコから、哺乳類からあるので、ネコの脳といいます。
そして、緑色のところ。
勉強したり、将来のことを考えたり、言葉を話したりする脳のことを、人間しかありませんから、人の脳といいます。

発問9:

人はいじめを受けるとこの脳の3つのうち、ある部分が弱ってきてしまうのです。どこだと思いますか。

指名する。

説明15:

正解は、へびの脳です。人はいじめられるとへびの脳が弱ってくるのです。
いじめをする人は、相手の生きる力を奪っていることになるのです。

ここで3つの新聞記事を読み聞かせる。

(1)いじめる高校生退学、小中学生は転校(中国新聞1996年8月22日)
 いじめをする児童、生徒は親に説明していじめを受けた児童と学級を離される。それでもいじめを続けるのなら高校生は退学、小中学生は転校しなければならなくなる。

発問10:

いじめをした生徒は、どうなりましたか。

指示1:

漢字2文字で2つ書きなさい。 

指名する。(退学、転校)

(2)暴行認定し賠償命じる(朝日新聞1996年10月26日)
 石川県のある小学校の児童は同級生から殴る、蹴る、ロッカーに閉じこめられるなど集団で暴行を受けてけがをした。いじめられた子の親はいじめた子の親8人を裁判所に訴えた。裁判所は、いじめた子の親に対して慰謝料として35万円払うように命じた。

発問11:

いじめをした生徒は、どうなりましたか。

指名する。(訴えられる)

(3)いじめた生徒の父親自殺(朝日新聞1996年10月1日)
 鹿児島県のある中学校の男子生徒がいじめを苦に自殺した。自殺した子の遺書にはいじめた子の名前がはっきり書いてあった。いじめた子の父親は「自分の子どもがいじめをして自殺に追い込んだのだ」とそれを苦にして自殺した。

説明16:

「 いじめ」をすると、いじめられた人だけでなく、いじめた人もその家族もみんな不幸になっていくのです。

この後、「わたしのいもうと」を読み聞かせてもよい。
最後に、授業の感想を書かせる。

《先行実践》
井上嗣祥先生「結んで相和す日本人の心(2006年第17回TOSS鳥取講座)」
堀部克之先生「悪口・陰口をなくすHR(TOSSランドNo. 2210237)」
山口佳子先生「わたしの妹(TOSSランドNo.2210096)」


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド