TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/20 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2230057 更新:2012年11月07日

はじめての生徒会顧問。どうする!?


web版 中学学級指導大辞典

7.はじめての生徒会顧問。どうする!?

『日本教育技術方法大系 第15巻 中学学級指導大辞典』をwebコンテンツにしました。

(1)生徒会文書の整理から始めよう
(2)生徒会主催体育大会を盛り上げるコツ
(3)生徒会広報

(1)生徒会文書の整理から始めよう。

はじめて、生徒会の顧問をする。

まず生徒会新役員といっしょに、5年間分の生徒会文書を整理することから始めた。

生徒会文書分類表を作った。次のようにである。

100 総務
 10 生徒総会
 20 生徒会本部
 30 生徒会広報
200 総務会
300 専門部会
 10 生活部
 20 学習部
 30 美化部
 40 体育部
 50 放送部
 60 給食部
 70 保健案全部
 80 図書部
400 選挙管理委員会
500 週番会
 10 週番日誌
600 学級生徒会
700 部活動部会
800 校外生徒会
 10 生活5カ条
 20 校外生徒会記録の1 八井谷
               の2 大野
  (略)

 この分類表にしたがって、コクヨの紙ファイル(B5版)に整理していく。部分記録だけでなく、先生からの助言メモ、参考文献コピー、企画書の下書きにいたるまで、保存されているものは全部ファイルした。ファイル総数は40冊を超えた。

 「ねえねえ、これおもしろそう、見て」、「ほんとだ。これやろうやろう」、「こっちのもええで」、「いつしよう」おもしろそうな企画には、つい仕事の手を止めてしまう。活動の参考になるアイデアがいっぱいある。無理もない。結局3日もかかってしまった。

 ファイルの背には、分類ナンバー、項目、年度を記入した。ファイルの色は、100,200番台が赤。300、400番台が青。500~700番台が緑。800番台が黄である。

 文書分類一覧表を生徒会室に貼る。文書は、分類項目ごとに本棚に整理する(古い下駄箱を利用した)。生徒会室内での閲覧は自由である。

 生徒会開催の準備をする。昨年度の「110 生徒総会」のファイルを見る。イス、テーブルの配置、放送器の有無、司会者の選出方法など参考になることが多い。校内バレーボール大会の準備をする。昨年度の問題点を検討する。1年生でも優勝できるように、学年ハンディキャップが改められる。大会を盛りあげるために、男女総合優勝の学級には優勝旗を、準優勝の学級にはトロフィーを贈るというアイディアが出された。

 生徒会文書を整理すると次のメリットがある。

 過年度の生徒会行事を、生徒自ら、比較検討できる。
 生徒会行事を企画書を、生徒自ら、つくることができる。
 年間の活動計画を、生徒自ら、つくることができる。

 はじめての生徒会顧問で分からないことだらけである。教師にとっても、整理された文書は貴重な情報源である。

(2)生徒会主催体育大会を盛り上げるコツ

生徒会主催の体育大会を計画する(勤務校は学年Ⅰ学級である)。

 3年生が勝つのがわかっている体育大会では、下級生はおもしろくない。そこで、次のようにする。

コツ1 どの学年でも勝てるように、ハンディキャップを付ける。

この時、過年度の実施計画書が大いに活躍する(「はじめての生徒会顧問をどうする!? (1)参照)。

 大接戦になるようなハンディキャップを子どもたちに工夫させる。

 実践例を示す。校内バレーボール大会の実施計画である。

1 目的 (1)バレーボールをとおして、学校・学級の仲間づくりをすすめる。
2~4 (略)
5 試合方法 (1)各学年男女別に、Aブロック・Bブロックにわけ、ブロックごとにリーグ戦(総あたり)を行う。
         (2)Aブロック・Bブロックの1位が決勝戦を行う(時間があれば3・4位、5・6位決定戦を行う)。
6 ルール (1)オフィシャルバレーボールルール(6人制)を採用する。
          ただし、本大会特別ルールを次に定める。
       (2)1セット11点とする。1試合3セットする。
       (3)ネットの高さは男子2m20cm 女子2m10cmとする。
       (4)下級生に対してはアンダーサーブでなければならない(オーバーサーブはやりなおし)。
       (5)学年ハンディキャップはつぎのとおりとする。     
         男子 1年対2年 4点
             1年対3年 6点
             2年対3年 4点
         女子 1年対2年 4点
             1年対3年 6点
             2年対3年 4点
       (6)1試合中に必ず全員出場しなければならない。
       (7)1年生は、コート内に何人入ってもよい(9人まで)。またローテーションをしなくてもよい。

         ゲームだけでなく、応援もがんばろう!

 はちまきの色 
 1A 赤  
 1B 白  
 2A 竹色  
 2B なし  
 3A 黄  
 3B はだ色

コツ2 チーム表彰だけでなく、学年(学級)表彰をする。

コツ3 本物の優勝旗、準優勝トロフィーを準備する。

1位6点、2位5点、・・6位1点とし、総得点で学年(学級)順位を決める。AチームもBチームも手を抜けない。女子の試合を男子が応援している。

上記の校内大会では、総合優勝は2年生であった。2年生の教室には、次の校内陸上大会まで優勝旗が飾られることになった。

(3)生徒会広報

生徒会専門部会、総務会で決まったことを全校生に早く伝えたい。

 部会記録・総務会記録を拡大コピーして、そのまま広報とする。

 書き直すてまが省ける。早い。次の日の朝学活にはプリントされている。学級三役が決定事項をプリントを見ながら報告している。

 なお、上の実践例では後期に入りすでに13号の生徒会広報が発行されている。

(2日に1枚のペースである。)

 《先行実践》『日本教育技術方法大系 第15巻 中学学級指導大辞典』(7.はじめての生徒会顧問。どうする!?)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド