TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/20 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8573236 更新:2019年05月02日

スローフォワードを理解させ、タグラグビーのゲームを楽しめるようにする指導法(3)


(3)ストレートランニング

(2)機関車ランニングを学習した後、インゴールに向かうという方向付けを教えていく。

コートは、バスケットボールコートくらいの大きさ。
インゴールが分かりやすいよう、マーカーを置いておく。
一度に、4チームずつくらいができる。

説明1:

今度は、機関車ランニングを、インゴールに向かってまっすぐやります。

説明2:

さっきと同じで、先生の「タグ」の声で交代しながら進みます。

発問1:

大事な合い言葉は、何でしたか?
(ボールを持った人の背中を見てついていく)

説明3:

この合い言葉の動きができるようにする練習です。
最初はゆっくり、駆け足程度でやります。

_______

指示1:

ボールを持ってインゴールに入った人、ボールを上に上げます。
大きな声で「トライ」。
言ってごらん。

________

説明4:

タグラグビーは、これで1点になります。
両足がインゴールに入っていないと得点になりません。

体育館や堅いグラウンドでは、本物のラグビーのように地面にボールをつけさせると危険な場合がある。
危険を避けるトライ方法として、タグラグビーではこのようなルールもある。
私はこちらの方が安全面から考えると良いと思う。

何度かやっていくうちに、次のような上手な動きの子を取り上げ、称賛していく。

【上手な動き1】手渡しや、相手の胸に優しく入れるパスをしている子

「このようにパスすると、次の人が素早く走りやすくて良いです。」
「「タグ」のコールの後に、次の機関車が素早く動けることを考えるチームが、強くなります。」

【上手な動き2】機関車から距離を置いてついていく「けむり」の子

「「けむり」は、機関車から遅れてついていく方がやりやすいのです。」
「ボールを持った人の背中を見やすく、その後のパスももらいやすくなるからです。」

【上手な動き3】機関車交代した後に、下がったり、他の「けむり」が追い抜いていくのを止まって待っている子

「「けむり」になったら、素早く自分の陣地に戻ってきたり、味方が追い抜いて陣地に入れてくれるのを待っていると、
またパスをもらえるチャンスが広がります。」
「味方の邪魔をしないことになるので、次の機関車さんも助かります。」

これらの動きを強化していくことで、ラグビーのゲームの動きができるようになってくる。
こういった動きが見られない場合は、考えさせたり、上手に進むコツとして教えたりしても良い。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド