TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/11/17 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2605977 更新:2019年05月02日

スローフォワードを理解させ、タグラグビーのゲームを楽しめるようにする指導法(1)


(1)陣取り合戦の概念をパワーポイントを見て座学する

①タグの準備
②タグ慣れ(2人組しっぽ取り・円陣しっぽ取り・タグ取りオニなど)
③ボール慣れ(円陣パスなど)
と行い、タグとボールを使った遊びなどを体験した後の子ども達に指導する。
スローフォワード(ボールを前に投げてはいけないこと)を「陣取り合戦」という概念で教えることで、タグラグビーのゲームを楽しむことができる。

下のパワーポイント資料を見せながら説明し、陣取り合戦というラグビーの概念を理解させる。

このファイルは表示出来ません。以下のリンクからダウンロードして閲覧して下さい。

添付ファイルをダウンロードする(______________.pptx)

説明1:

(白紙のサイト1を表示)
ラグビーのゲームについて、お勉強します。(クリック)

説明2:

ボールを持った人は、(クリック)
前へ走ります。(クリック)

説明3:

相手のこの場所(青く塗った場所を示し)「インゴール」と言います。
インゴールに入ったら、(クリック)
「トライ」で、1点が入ります。(クリック)

指示1:

ラグビーは、「陣地を取り合うゲーム」です。
言って覚えます。(上に表示している文字を読ませる)
(陣地を取り合うゲーム)

説明4:

ボールを持った人の陣地は、(クリック)
この部分。(黄色に塗った部分を示す)

説明5:

ボールを持って前に走ると、(クリック ※ボールを持った人が前に動く)
陣地が増えます。
また前に走ると、(クリック ※前に動く)
陣地が増えます。

説明6:

相手のインゴールまで入る。つまり、全部の陣地を取ったら、(クリック)
トライ、1点です。

説明7:

(クリック)
でも、一人でやるスポーツではありませんね。(クリック)
味方がいます。

指示2:

(クリック)
あれ?自分の陣地にいない味方がいます。指さしてごらん。
(陣地外の一人を指ささせる)

説明8:

(クリック ※×印がつく)
この人は、陣地にいないのでプレーできません。(クリック)
陣地にいると、プレーできます。

説明9:

そして、味方だけでなく、敵のチームもいます。(クリック)
敵のチームの陣地は、白のところとなります。

指示3:

(クリック)
あれ?自分の陣地にいない敵がいます。指さしてごらん。
(黄色陣地にはみ出している一人を指ささせる)

説明10:

(クリック ※×印がつく)
この人は、陣地にいないのでプレーできません。(クリック)
陣地にいると、プレーできます。

発問1:

ボールを持った人が進むと、(クリック ※ボールを持った人、前に進む)
陣地はどうなりますか?
(黄色が増える。)
(白が減る。)

説明11:

このようになりますね。(クリック)

指示4:

あれ?何かおかしな場所にいる人が、一人います。指さしてごらん。
(白陣地にはみ出す一人を指ささせる)

発問2:

この人は、なぜここにいちゃダメなのですか?
(自分の陣地にいないから)

説明12:

自分の陣地にいないと、プレーできません。(クリック)
陣地にいると、プレーできます。

説明13:

夢中になると、つい陣地からはみ出してしまうことが、よくあります。
ボールを持った人のどこかを見てついていくと、それを防ぐことができます。

発問3:

(クリック)
ボールを持った人の、どこを見ると良いですか?
画面にヒントがあります。
(背中)

指示5:

大事な合い言葉です。(クリック)
「ボールを持った人の背中を見てついていこう」
声に出して覚えなさい。

このようにパワーポイント資料を見せて教えることで、陣取り合戦というラグビーの概念を教える。
「ボールを持った人の背中を見てついていこう」という合い言葉を、
(2)機関車ランニング
(3)ストレートランニング
(4)三角ランニング
の練習でくり返し強調していくことで、ラグビーのゲームの動きを習得させていける。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド