TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/01/22 現在)

21588
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2267703 更新:2018年10月09日

谷和樹氏介入!向山型道徳「広中平祐の授業」


谷和樹氏のコメント
「このようなタイプの授業はいくつもあるといい。偉人の語録、言葉を教師が知っていればできる。」

発問1:

次の①~⑦はある人物が本当に言った言葉ですが
どんな人物か、想像しなさい。

説明1:

①ぼくは足し算は得意じゃないし、引き算ならまあねえ。

説明2:

②(大失敗した時)は、「なんでこんなバカにうまれたんだろう。」そのたった一事がどうして気がつかないのだとう。」といつも思っていたよ。

説明3:

③ぼくが本当に成功した例は2回ぐらいですね。失敗した例は、大きな失敗は3回ぐらいかな。
  だけど、小さい失敗はしょっちゅうしています。だから、失敗には慣れちゃって、失敗なんか
  へとも思わなくなりました。

説明4:

④だいたい、予測が速いやつは伸びないね
聞いても、「わからん」と言って1週間ぐらいして「分かりました」とやってくる方が将来伸びるね。

説明5:

⑤ぼくは幸か不幸か生まれつきの鈍だから…。
鈍さい肌なんだ。

説明6:

⑥ぼくはね、学生の時からそんなに成績もよくなかったし、一番びりけつでもないけど、絶対上の方ではなかったんだよね。いつも真ん中よりもちょっと上ぐらいの所だよ

説明7:

⑦ぼくなんか、田舎の高校を出て、大学をびりで入ったわけですよ。

発問2:

どんな人だと思いますか?

子どもたちの予想
A 「あまり上手でない大工」
B 「ドジなことばかりする会社員」
C 「教育者になりたいと思っている学生」
D 「小学校の先生」
E 「のんびりやで、ドラえもんに出てくるのび太のように人生長いやと思っている人」
F 「自分のことをダメだと思っている人で、運も悪くもよくもない人」
G 「絵を描く人」
H 「力仕事をする人」
I  「店のレジ係」
J 「学校の先生」

広中 平祐は日本の数学者。ハーバード大学名誉教授。京都大学数理解析研究所元所長。山口大学元学長。日本人で2人目のフィールズ賞受賞者である。専門は代数幾何学で、フィールズ賞受賞対象の研究は「標数0の体上の代数多様体の特異点の解消および解析多様体の特異点の解消」。日本学士院会員

______

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド