TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/17 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1427090 更新:2018年10月02日

中1国語「話し方はどうかな」(東京書籍)


p20までは通読する。
p21の「続いて気象情報です」を練習させる。
なぜなら、p20の「ピッチャー第六球を投げた。・・・」以下は実況であり、話し方の訓練としては特殊であるからだ。
声の大きさやスピードに加え、聴衆に訴える強いトーンなども必要になってくる。
p21なら①声の大きさが適切であること ②目線が前を向いていること だけで評定できる。
ちなみに、本文では話すスピードに触れているが、ここでは扱わない。
話すスピードが多少遅かったり早かったりしても聞き取る方はあまり不都合がないからである。
(テレビのニュースなどでは時間の枠があるため、意識が必要なのだろう。)

指示1:

p21。「続いて気象情報です。」だけを各自で練習しなさい。

指示2:

一人ずつ前に立って言います。3点満点で評定します。2点以上が合格です。

次々と教壇に立たせて、全体の前で言わせる。緊張感で難しくはなるが、一文なのですぐにクリアできる。
2点未満を付けた生徒はいったん教壇の脇で待機。2回目の挑戦で明らかに良くなっていたら合格点を付ける。

指示3:

次に、「気象庁の観測によりますと、千島列島付近では低気圧が猛烈に発達しています。」だけを練習しなさい。

指示4:

一人ずつ前に立って言います。天気図が黒板にあるつもりで言いなさい。

今度は、「千島列島」を指し示す必要が出てくる。そこまで出来ているものだけ合格とする。
不合格者も、他の生徒の評定を見ていれば自然と気付く。

説明1:

これからの発表では、声の大きさや身振りなどを意識して取り組みましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド