TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/10/19 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9204918 更新:2018年10月03日

3年生 「道夫とぼく」(村上元氏の実践)


【光村図書 3年 「道夫とぼく」】

教師が資料を範読する。

指示1:

先生がお話を読みます。

発問1:

簡単に言うとこのお話はどういうお話ですか。ノートに書きなさい。

発問2:

ぼくはどうすべきでしたか。近くの人と相談しなさい。(下手でもさそって一緒に遊ぶべき)

発問3:

自分が「ぼく」の立場だったら、どう行動しますか。ノートに書きなさい。

発問4:

道夫がはいっても勝てる方法はないか。方法を考えてできるだけたくさんノートに書きなさい。

以下、実践発表を見た後の「谷和樹氏による解説・代案」。

たいへん気になる本文がある

「ぼくは、その言葉にすぐに答えることができなかった。
なぜなら道夫は、いつもおとなしくて、いっしょにいても楽しそうじゃないからだ。
少し考えてから、ぼくは道夫に『ゴールキーパーができるならいいよ』と答えた。」

なぜ、あなた(ぼく)がポジションを決めているのか。
なぜ、あなたが条件をつけるのかが信じられない。
その後も、偉そうな上から目線での信じられない横暴な行為をしている。
そのことを問題にしてとりあげたい。

ぼくはどうすれば良かったのか。
1 道夫くんは、どういうポジションができそうなのか
2 一緒にやってみて、動きを教えたり
3 サッカーの上手な人たちが一緒になって教えあう

そういう姿が望ましいだろう。
が、これは休み時間のサッカーでの出来事である。
ぼくの行き過ぎた横暴な行動をとりあげ、やってはいけない行動を私ならはっきりと教えるだろう。(文責:許)


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド