TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/06/17 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 8694418 更新:2018年01月29日

部首名当て「漢和辞典」


指示1:

ノートに、1行ずつ空けて①漢②和③辞④典と書きなさい。

指示2:

①だけ、部首を赤鉛筆で囲みなさい。

発問1:

左側ですか。右側ですか。手を挙げます。(左側。)

発問2:

何という部首ですか。部首名を下に書きます。(さんずい)

指示3:

残り②、③、④。部首を、それぞれ赤鉛筆で囲みなさい。

「部首索引を見ても構いません。」と告げる。
索引さえ見れば、選べば良い。

発問3:

それぞれ、何という部首ですか。部首名を下に書きなさい。

黒板を八等分しておく。
書けた子はノートを持って来させ、8名に、黒板に答えを書かせる。

発問4:

黒板に出ているもの以外の答えがある人?

答えが分裂していないものから答え合わせをする。
(1)「典・・・はち」(これ以外に部首の候補がない。)は先に確定できるだろう。
(2)「辞・・・からい」は「したへん」も「からい」も部首として存在するので少し難しい。

発問5:

③「辞」は右側ですか。左側ですか。手を挙げます。

指示4:

漢和辞典で調べてごらん。

「成り立ち」の部分を読ませる。

発問6:

どうして、「からい」の方に分類されているのでしょう。理由を隣同士で言います。

この後の展開でいずれ分かるので、言える人だけ意見を言わせる。
答えはまだ告げなくて良い。

説明1:

「辛」はもともと刃物を表しました。その刃物で、罪人に入れ墨をし、法廷で罪を論じます。そこから、「辞」は罪を論じる意味になりました。

(3)「和」は「くちへん」「のぎへん」の2つに分かれる(しかも、「くちへん」の方が圧倒的に少ないだろう。)

発問7:

②「和」は左側ですか。右側ですか。手を挙げます。

説明2:

左側だったら「のぎへん」、右側だったら「くちへん」です。

指示5:

「のぎへん」のつく漢字をできるだけたくさん書きなさい。

指示6:

「くちへん」のつく漢字をできるだけたくさん書きなさい。

それぞれ、最も多く書けた子に板書させる。

発問8:

②「和」はのぎへんですか、くちへんですか。理由を近くの人と相談します。

指名なしで発表させる。
一通り発表させたら、「和」を調べさせる。

説明3:

穀物(→のぎへん)を皆で口(→くちへん)に運び、仲良くなる、和やかになる様子を表す。仲良くなる・和やかになるために「口に運ぶ」ことに重点があるため「くちへん」に分類されています。このような分類の仕方は、1716年に中国で作られた「康煕字典」からきています。

主流は「くちへん」だが一部「のぎへん」に分類されている辞書があるかもしれない。
長沢規矩也の編集した辞典『大明解 漢和辞典』(三省堂 1960年)は字の形を優先したため、字を検索しやすいようにのぎへんに入れた。ただ、「もと口5」という形で、元々がくちへんであることは断りを入れている。
(このことを子どもに説明するかどうかは別であるが。)

指示7:

同じように、のぎへんが付いていても「のぎへん」に分類されて言い無い漢字が他にもあります。探してみましょう。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド