TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/22 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5161002 更新:2017年11月06日

太陽系の小天体


教科書に沿って小惑星、太陽系外縁天体、すい星、衛星の順に扱う。
項目ごとにノートにまとめながら進める。

【小惑星】

指示1:

小惑星の所を読みなさい。(1文読み、列指名)

続いて、NHK for Schoolの動画、『「はやぶさ」が持ち帰った物質の分析』を試聴する。
あわせて、困難の末、奇跡的にはやぶさが帰還したエピソードも伝えたい。
教師が、熱心に楽しそうに語ることが、理科の授業では大切である。
その他のおすすめエピソード
スペースガードセンター http://www.spaceguard.or.jp/BSGC/
地元の落ちた隕石の紹介(山口県)http://db.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/db/tenmon/syuzou_te_01_2.html

【太陽系外縁天体】

指示2:

太陽系外縁天体の所を読みなさい。(1文読み、列指名)

研究が進んで、冥王星が惑星から外れたエピソード、さらに、ニューホライズンズが撮影した冥王星のハートマークやキャラクターのプルートの由来であるという話は、女子にも好評である。

【すい星】
水星と混同しないように注意する。

指示3:

すい星の所を読みなさい。(1文読み、列指名)

1910年のハレー彗星接近のエピソードがおすすめ。
地球から空気がなくなるという噂が広がり、自転車のゴムチューブが売り切れたなど、当時の混乱ぶりを交えて話す。
ハレー彗星の接近は76年周期なので、前回は1986年、次回は2061年という話をすると、ロマンが広がる。

【衛星】

指示4:

衛星の所を読みなさい。(1文読み、列指名)

NHK for School「月の表面」は、月周回衛星「かぐや」は撮影したハイビジョン映像である。ぜひ見せたい。
また、ガリレオが400年前に発見した木星の衛星も、最近、観測が進んでいるので、扱いたい。

Img025

0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド