TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/07/23 現在)

21480
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3249623 更新:2016年09月15日

「明日をつくるわたしたち」 実践記録


 クラスみんなへの提案書の書き方を学ぶ教材が教科書に載っている。

 教科書には、提案書の書き方のポイントが、3つ挙げられていた。

  ・提案の理由を明確にして書く。

  ・提案の内容は、なるべく具体的なものにする。

  ・提案したことが実現すると、どんな効果があるのかを示す。

教科書では、

「小学校の防災訓練に地域の方の参加を呼びかけること。地域で行われている防災訓練に参加すること。」

の提案書の例が出されている。

より子どもたちにとって身近な内容で、楽しんで取り組ませるために、「お楽しみ会」の提案書を作らせることにした。

提案書のフォーマットを示し、子どもたち一人ひとりが作成した。

提案書の内容は、次の4つである。
 

  ①目的  ②日時  ③プログラム  ④プログラムについて

 子どもたちは、楽しそうに、提案書を書いた。
 今回、特に大切にしてほしかったのは、提案する理由、お楽しみ会の目的である。
 何のために、お楽しみ会をするのか。それを一人ひとりに考えてもらった。

 目的には、次のようなことが書かれた。

もっとクラスが一つになって協力し、仲良くできるようにするための機会を作る。
男子や女子だけでかたまらずに、男女仲良くできるようにする。
あと、あまり関わったことのない人とも仲良くできるようにする。
会を通して、もっとみんなで仲良くできるようにしたい。

夏休み前の最後に、クラス全員が楽しめて、もっと仲良くなるための機会を作る。
一部の人たちだけが協力するのではなく、みんなが協力して会をつくることで、クラスの団結力を高める。
この会を通して、5年○組をもっとよいクラスにしていきたい。

プログラムの内容は、学級目標にあった「男女協力」の内容に照らし合わせて、男女ペアで行う宝探しや腕相撲大会などが提案された。

提案書は、クラス全員に書かせたが、時間の関係上、すべてを検討することはできない。
比較的、よくまとまっているものを6案選出し、それを印刷して、全員で討議を行った。

討議では、活発な意見交換がなされた。
プログラムへの質問、賛成意見、反対意見。
意見交換をすることで、それぞれの案の特徴やよさが浮かび上がった。
話し合いの後、決まった案で、お楽しみ会を行った。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド