TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/07/24 現在)

21642
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235059 更新:2012年12月13日

Believe ( 杉本竜一 作詞作曲  富澤裕 編曲) の指導法 


 「生き物地球紀行」のエンディングテーマでした。メロディーラインに高音が少なく、アルトにも主旋律が現れるので、女声には歌いやすい反面、男声は音程が似ていて覚えにくいかもしれません。「言葉をしゃべるように歌う」が基本です。なお、「Believe」は橋本祥路編曲のものもあります。

1. 1拍前で、みんないっしょに息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. 「例えば 君が 傷ついて くじけそうに なったときは 必ず僕が側にいて 支えてあげるよ その肩を」という内容。

言葉がはっきりわかるように、言葉の始めを重く歌う。
意識しないで歌うと、 「きみがーき・・」とか「ときはっ」とか「ぼくがーそ」などの意味不明の言葉になる。「がーき」と聞こえた時点で失敗だと思う。「が」は小さめに。そして、私個人的には、「がー」と伸ばさないで「君が/きず・・」「僕が/そばに」と、短く言いかえた方がよいと思っている。

3. 「そばにいて」の「て」が高音で、意識しないと、あがりきらないか、大きくなりすぎる。

「お腹から出す」「おでこに響かせる」「飲み込むように」「低い音だと思って」「スポイトでインクをすくい取るように」など、あの手この手でイメージの指導をすると美しくなる。

4. 「世界中の~」ここから合唱になり、曲が動き始める。

全員でいっしょにブレスして、「せ<か<い<じゅうの」と声を勢いよく出す。

5.「この地球は回ってる」

アルトは低いですが、できるだけ地声にならないように、両手を前に伸ばして、その手のひらの上を声が前に進んでいくつもりで歌う。男声は「このちきゅ v うはまわってる」とブレスをしてもよいので、「るー」を伸ばすエネルギーをためておく。
全員で「るー」を3拍十分に伸ばす。できればだんだん強くするつもりで伸ばす。

6. 「今 v 未来の v 扉を v 開けるとき」と、切らない。

カンニングブレスでよいので、ここはひとつのまとまりとして続ける。

7. 女声、美しいメロディーを声を前にだしてたっぷりと歌う。

「悲しみや」の「みーや」、「苦しみが」の「みーが」の部分の音程を思いこみで歌ってしまいがちなので、この富澤氏の編曲に忠実に歌うこと。
男声、「ああ」が弱くならないように、全員でブレスを揃えて、しっかりとした声で歌う。「かなしみやくる v しみが」とブレスしてよいので、「しみが」の部分を、しっかり支えて自信を持った声で歌えるように練習する。

8. 「いつの日か」アルトがメロディー。

自信たっぷりに、気持ちよく歌おう。
ソプラノは高音をおでこや頭から声を出す感じで、天井をスーッと声が流れていく感じで歌うとよい。
男声、「変わるだろう」音が上がっていくけれど、最後まで息をためて、意識して「う」の音を伸ばそう。

9. 「I believe in future」 英語です。

「I」「b」「f」などをはっきり発音すること。また、「フューチャー」の「チャー」が「カトウチャー(加藤茶)」の「チャー」になってしまってはお笑い。「チャー」は語尾として、弱く小さめに。

10. 2番以降も基本的には同様。

「もしも だれかが 君の側で ・・・」  「もだ」や「がき」が聞こえてこないように、言葉を歌う。

11. 転調した部分以降、これまでの単純な繰り返しではなく、音が変わっているので、とくに男声、アルトは混乱しないようにたくさん練習して覚える。

新しい音楽が始まったと思った方がよいかもしれない。

12. 「今 未来の 扉を 開けるとき」

大きなひとつのまとまりとして、できればブレスをしないか、カンニングブレスで歌いたい。

13. Hum ハミングは場合によっては「ウー」でもよい。

求められているのは、フワフワ柔らかい物のイメージ。ラストは、飛行機雲のように、スーッと遠くへ消えていく感じでどうかな。

小学生だと、ちょっと大人っぽいポーズをとってみると、雰囲気がつかめる。(富澤氏の講習会での山岡メモより)

14. 「信じてる」

英語で一度「「I believ」と言って、その上に強調している。意志を感じさせるくらい、気持ちを込めて歌う。伸ばすところも、最後まで意識して伸ばす。

15.  「悲しみや苦しみ」が「よろこびに変わる」というところで、歌っている人の表情も、ぱーっと明るく幸せそうにすると、自然に声もよろこびが表現できるはず。

曲中に出てくる「悲しみ」「苦しみ」「よろこび」「憧れ」「愛しさ」それぞれ、一人一人が具体的な事例でイメージを持って歌うと、表現が豊になる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド