TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/12/15 現在)

21654
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 1235124 更新:2012年12月13日

「自分らしく」(松井孝夫作詞・作曲)の指導法


歌い始めのユニゾン、男女が交代して歌うメロディーなど、随所に、歌いやすい工夫がなされ、生徒がのびのびと表現できる曲である。ラストのオブリガートもすてき。

1. 前奏のフェルマータの後、指揮者の指示でみんないっしょに息を吸う。

吸う音が聞こえるくらい、たっぷりと。

2. 口をてきぱき動かして言葉をはっきり。

そして、付点や十六分音符を、軽くリズミカルに、ノリよく歌う。
例えば、「ゆーめをー」→「ゆっめほー」 「もとーめてええー」→「もとーめてへへー」・・・ここまでやると、大げさでやりすぎですが、イメージとしてはこんなかんじ。以下、同じ歌詞の部分は同様に。

3. 「出会いの中に」 「にー」を遠くへ放り投げるようにクレシェンドする。

ここのクレシェンドを非常に効果的にするために、歌い始めの「誰もが・・・」はmf。大きすぎないで。
私はこのあと「すばらしい」との間でブレスをしてもいいと思っています。

4.「すばらしい未来が見えるーー」の和音の移り変わりが美しい。

これをかんじながら歌おう。
「すばらーしい」の「らー」がひとつの頂点。口を開けてクリアな発音で「あ」を発音すること。
「がー」の男声が音が動く部分まで、女性パートはしっかり伸ばしておく。「がーっ」となりがちなので「がーあー」という感じに歌うこと。

5.「見える」の「る」、「Uh-」は唇をきゅっとすぼめてひきしまった「ウ」にする。

口からホースで水をまくように遠くに向かって声を飛ばす。

6.「同じような毎日が」~男女のパートが入れ替わって歌うが、それぞれのメロディーに慣れるために、最初は男女一緒に歌う練習をする。

覚えたら男女分かれて歌う練習をする。 合唱が完成してきた頃にも、また男女一緒に歌う練習をする。メロディーを歌うときと「Uh-」を歌うときの目立ち方の違いを感じる。 
 「Uh-」は原則として、音が高くなるときはすこし強くすると、めりはりがでる。また、スラーでつないであるフレーズは、必ずひとまとまりとして感じて歌う。

7. 「感じながらー」も「らー」、「すばらしさをー」の「をー」は十分に伸ばして、クレシェンドすることで、次につなげる。
8. 「誰かに助けを求め」は単に美しくではなく、「誰かに/助けを/求め」と言葉がわかるように歌う。

とくに「めー」は演歌のように言葉に感情を込めて歌ってみるのはいかが?  
アルトの「Uh-」は目立たなくてよい。でも、「なにかあるな?」と存在がわかるくらい。 2小節ごとにひとまとまりとして、「ウー<ウー<ウー<ウー」とすこしずつ大きくする意識がよい。
好みによっては「ウ」よりも「オ」に近い発音の方がいいかもしれない。お試しあれ。

9.「今はもう心配いらない」ひとつひとつの言葉を決然と、「心配いらない」と言いきる感じ。

「なーい」「るー」をしっかり伸ばすことで、次の「誰もが・・・」に盛り上げてつなぐ。 

10. 「ラララ」下を動かして、クリアな発音をすること。

ソプラノパートは全く違うひとつの音楽として練習する。天井近く、上の方をスーッと流れていくイメージで。人数にもよるが、アルトが男声パートに消されてしまわないように、アルトの声も聞こえるバランスで歌おう。

11.「出会いの中に」ですこしゆっくり。指揮者をよく見て。

でも、「にー」でもり下がらないで、次の「すばらしい」につながるように盛り上げる意識で。

12.Meno mosso すこしゆっくり

八分休符でブレスしてもよいから、声をたっぷり出す。特に「すばらしい」の「らー」、「未来が」の「がーあー」、「見える」の「えー」は、口を開けて声をぐぐっと前に出す意識をしないと聞こえない。

13.最後の「るー」は8拍十分に伸ばすが、ピアノ伴奏の中にとけ込んでいく感じ。

逆に言えば、ピアノで合唱を包む感じ。歌で終わりではなく、伴奏は、この「るー」から始まっているのだから。

「ん」がたくさんでてきます。nの発音を鼻に響かせる感覚をぜひつかんでください。それができないと、「じぶうーらしさを」と、だらしなく聞こえてしまい、この曲の雰囲気がこわれます。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド