TOSSランド

コンテンツ登録数
(2018/11/20 現在)

21537
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9931072 更新:2016年03月18日

クリーン大作戦 (掃除)


0時間目

家庭で掃除に取り組む課題を出し、家庭の掃除の仕方を調べさせておく。
年末年始に行うと、大掃除を行う家庭が多いので、子どもたちも課題に取り組みやすい。
課題を出したら、授業のはじめに実践したことを発表する時間を設ける。

1時間目 汚れ調べ

発問1:

掃除をするときの手順には何があるでしょう。

掃く。拭く。汚れを見つける。

多くの子どもは、教室の掃除をもとに手順を考えるので、「掃く。拭く。」といった手順が初めに出ることが多い。
しかし、家庭科では場所に応じた掃除の仕方を考えるために「汚れ調べ」を一番初めの手順として行う。
汚れ調べについての意見が出ない場合は、教科書などを参考にさせて、場所に合わせた掃除をするために、初めに汚れを調べることに気づかせる。

発問2:

どこにどんな汚れがあるのでしょうか。

指示1:

家庭科室の汚れ調べをします。
どこにどんな汚れがあるか調べてメモしましょう。

5分ほど時間をとって汚れ調べをする。
教室で行う方法もあるが、家庭科室のほうが家庭の環境と似た設備(コンロ、流し)もあるので家庭での実践につながりやすい。
場所、汚れの種類、掃除の仕方を書き込める表形式のワークシートを準備しておく。

指示2:

調べたことを発表しましょう。

 棚にほこりがあった。
 床が砂やほこりで汚れていた。
 窓に白い汚れがついている。
 流しに白っぽい汚れがついている。
 コンロに焦げがついている。

窓や流しの白い汚れは、「水あか」と呼ぶことを確認する。

発問3:

それぞれどんな掃除の仕方をすればよいでしょうか。

自分が調べた場所を中心に掃除の仕方を考えさせる。

指示3:

発表しましょう。

・ほこりは掃いたり、拭いたりする。
・焦げはこすって落とす。
・棚の上のほこりははたきで落とす。
・水あかはクエン酸で落とす。(テレビなどで知識を得て発表する子もいる。)

説明1:

次回は、実際に掃除をしてみます。

指示4:

班ごとに掃除する場所を決めましょう。

家庭科室のどこを掃除するか決めさせる。

指示5:

班ごとに掃除の計画をたてましょう。

1 汚れを調べる。
2 掃除の仕方を考える。

この二つのステップで、班ごとに相談して手順を考えさせる。
掃除の仕方を紹介した資料を用意して参考にできるようにしておく。
授業時数に余裕があれば、調べ学習の時間を一時間追加する。

説明2:

おうちの人に聞いてさらに工夫しても構いません。
ただし、環境のことを考えた掃除になるように、洗剤は使いません。

クエン酸水、重曹水は学校で用意しておくとよい。

2時間目 掃除の実践

指示6:

班ごとの計画を発表しましょう。

窓を掃除します。クエン酸を使って水あかを落とします。
コンロを掃除します。歯ブラシを使って焦げを落とします。

指示7:

掃除する前とした後の違いが分かるように写真を撮りましょう。

実践の発表の時に使うために写真を撮ってから、掃除に取り組ませる。

指示8:

掃除道具を片付けた班からふりかえりを書きましょう。

掃除の終わりに時間差が生まれるので、ふりかえりを書かせることで時間調整も行う。

指示9:

班ごとに掃除の結果を発表しましょう。

写真をテレビ画面に映しながら発表させる。
掃除前と掃除後を比較することで、きれいになった実感が持てるので達成感がわく。
また、自分が掃除していない場所の様子も分かり、次は別の場所をきれいにしてみたいと家庭での実践の意欲につながっていた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド