TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/11/18 現在)

21450
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3770287 更新:2016年01月27日

春(安西冬衛) 3/6


漢字、暗唱の指導を入れ、35分程度の授業。
自分のリズムで1回読ませて次の発問。

発問1:

対比を考えます。
この詩の中で対比されている言葉はなんですか?
ノートに、○○と○○という形で書きなさい。

子どもたちは2種の対比を書いていた。
(1)てふてふ と 安西冬衛
(2)てふてふ と 韃靼海峡

発問2:

その下に、どういう観点で対比されているのですか?
次のように書きなさい。
たとえば、てふてふと韃靼海峡→ひらがなと漢字、などです。

出た意見は12種を超えた。
さまざまにこじつけられたことを褒めた。
黒板にはすべて書いてある。
それもすべて子どもたちには写させた。

発問3:

この中で、もっとも主題にせまるために重要な対比はどれでしょうか?
一つ決めてノートにその理由を書きなさい。

子どもたちは二つの意見に分かれた。
   てふてふ と 韃靼海峡
(1)弱いもの と 強いもの
(2)小さいものと大きいもの

意見を書く時間は5分程度。
自分の意見に手をあげさせ、討論開始。

指示1:

討論しなさい。

子どもたちの意見は要旨次のようなものであった。
<弱いと強い>
(1)強いものが弱いものに挑んでいくところに感動がある
(2)勝てないような存在に挑む、というところに感動がある

<小さいと大きい(広い)>
(1)あんなに小さいものが大きく(広い)ものに挑んでいくところに感動がある
(2)海から見れば、ちょうなんて点にすぎない
 そんなちっぽけな存在が挑む、というところに感動がある

指示2:

どちらも主題は何か考えながらの意見なのが大変素晴らしかったです。
今日のまとめを書きなさい。

子どもたちは自分の意見を書き、反対の意見への反対をノートに書いていた。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド