TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/27 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2261426 更新:2016年01月17日

誰でもできるタグラグビーの授業 ~ボールに慣れる~


1 ボールの準備

ボールを準備する。学校の備品の関係もあるが、以下のようなボールを用意するとよい。
小学校低 中学年→3号球
小学校高学年   →4号球  が使いやすい。
ボールの空気圧はパンパンだと扱いにくいので、少しだけゆるいと初めての子でも低学年の子でも触りやすい、扱いやすい。

ボールの数は、最低でも班(グループ)に1個いくようにする。
6つの班なら6個以上は必要になる。
パス回しや宝運びなどのグループ単位で活動する際に、その数がないと空白の時間が生まれやすくなる。
当然、運動量も少なくなるからである。

2 ボール回し ~ボールに慣れる~

楕円形のラグビーボールを扱うのはなかなかない。
そこで、ボールに慣れるためにボール回しを行う。

(1)ボール回し① ~腰周り~

指示1:

班で円を作ります。班で一人1個ボールを持っていきます。

説明1:

ボール回しをやります。1回目は腰の周りです。5回回したら次の人に回します。
止める合図があるまでやります。始め。

初めてボールを扱う子ばかりなので、ボールを落とすことも多くなる。
1回目は時間制限や競争せず、子ども達の様子を見て、行う。
また、最初から班対抗で競争してしまうと、焦ってしまい、ボールに慣れないまま終わってしまう。

(2)ボール回し ~膝周り~

説明2:

ボール回しをやります。次は膝の周りです。5回回したら次の人に回します。
始め。

試合になるとうまくキャッチできず、落としてしまうこともある。
そのために、脚周りのボールの扱いも必要である。
腰周りと同じように進める。
慣れてきたら、10回にするなど、回数を変化させてもよい。

(3)ボール回し③ ~腰→膝→腰~

説明3:

今度は腰→膝→腰→膝・・・とやっていきます。10回回したら次の人に回します。
始め。

バスケットボールと同じように、体を上下に動かしながらボールを回していく。

(4) ボール回し競争

(1)~(3)までやってボール回しをグループ対抗で行う。
◆全員〇回やったら終了。
◆グループで〇分以内に何回回せるか競争(必ず全員回すこと)
など、やり方を工夫すると盛り上がる。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド