TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/07/26 現在)

21403
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5721343 更新:2016年01月07日

女子中学生でもできた!易しいタグラグビーの授業記録~5時間目 簡易ゲーム2 3対3で連続攻撃を教える


5時間目 簡易ゲーム2 3対3で連続攻撃を教える

タグラグビーの面白さは,「力いっぱい走る」「全員でパスをつなぐ」「トライする」ところにある。
運動量を増やし,達成感のあるゲームにするためのルールを工夫する。

指示1:

3対3のゲームをします。オフェンスチームとディフェンスチームを決めましょう。

・1~3分ハーフのゲームを行う。
・前半は同じチームが攻撃を続ける。交代しない。
・後半は変わることを伝える。
・トライ数の多いチームの勝ちとする。

指示2:

コートの真ん中からフリーパスで始めます。トライするまでつなぎましょう。
ディフェンス側は,フリーパスのときだけ5m離れましょう。

・オフェンス側の一人が,コートの中央で,味方の方を向き,2m以内のパスをする。(フリーパス)
・受け取った生徒は,ランかパスをする。
・タグを捕られたら,速やかにパスをする。パスは,真後ろでなくてもよい。
・「速やか」は3秒,3歩以内を目安とする。ただし,3秒待ってもよいとか,3歩まであるってもよいというわけではない。
・時間がかかりすぎる時は,オーバータイム。
・進み過ぎた時は,オーバーステップという反則となり,ここではスタート位置まで戻す。(本来は攻撃権が移る)

指示3:

前に落とすノックオンや,前に投げるスローフォワードはオフェンス側の反則です。
スタート位置まで戻します。

・ボールを丁寧に扱うようになる。多くの場合無理なパスは減る。
・しっかりランで進んで,タグを捕られてからパスをするプレーをほめる。
・捕られる前にパスを放るとミスが増え,走りながらなので衝突も増える。

指示4:

オフサイドをしたら,オフェンス側の得点とします。気を付けましょう。

・教師が審判をし,慣れてきたら試合中に伝えてあげる。「赤4番,オフサイドになるよー,下がって」
・ラグビーの審判は,反則をさばくだけでなく,反則が起きないように声でコントロールすることを伝える。

発問1:

(ハーフタイムで)質問はありますか?

・質問が出たら,いきなり教師が答えるのではなく,生徒に考えさせる。
・オフサイドが分かれば,中学生ならほぼすべてのルールを理解できる。
・状況に応じて,全員得点したらボーナス点を加えると,全員がトライするように工夫する。

指示5:

待っているチームの人に,代わりばんこで審判をしてもらいます。先生と一緒にジャッジしましょう。

・生徒に電子ホイッスルを持たせて,横から声で助言するとよい。
・反則が起きたら,理由を説明してあげると,全体の理解につながら。
・ストップウォッチも預け,徐々に生徒主体でできるようにする。

イラスト:タグラグビーオフィシャルウェブサイト http://www.tagrugby-japan.jp/


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド