TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/05/23 現在)

21414
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 5133993 更新:2016年01月07日

女子中学生でもできた!易しいタグラグビーの授業記録~6時間目 簡易ゲーム3 4対4で作戦を考えさせる


6時間目 簡易ゲーム3 4対4で作戦を考えさせる

タグラグビーは,自然とアクティブラーニングになる。
作戦を話し合うタイミングを自然に挟み込む。

指示1:

4対4のゲームをします。ルールは,前回と同じです。
チームで,トライを取るための作戦を立てなさい。

・その間にホイッスルや計時の準備を済ませる。1分以内
・どのような作戦か聞きに行く。(パス,ラン,タグ,スペースなどの言葉が出ると良い)

指示2:

試合をしてみましょう。

・前後半に分け,3分ずつの試合をする。
・攻撃権は固定せず,トライや反則の都度移る。

指示3:

トライの後や,反則が起こった後,わずかに時間があります。
そこで,作戦の確認をしなさい。

指示4:

試合がないチームは,トライをする作戦を立てましょう。

・見ているチームは,作戦を立てたり,練習をさせたりする。
・学習カード(または実技に関する本など)を見せる。

説明1:

反則が起こっても,直ちに笛を吹かないことがあります。
反則をされたチームの状況が有利なら,継続します。
すぐに不利になったら,そこで初めて笛を吹きます。
この考え方をアドバンテージと言います。

・これは難しいので,言葉で理解させようとしてはいけない。
・試合の中で解説をしていく。

指示5:

いいプレーがありました。紹介します。

・教師が分かる範囲で解説する。それが,次から生徒の思考の足場になる。

・トライが生まれる時は,大まかに言って次の5パターン
 ①大きく前進してタグを捕られた後,速やかにパスをする。
  →ディフェンスが戻り切れない。
 ②相手のミスや反則を生かす。
  →アドバンテージを利用する。
 ③広く開いているところへ(中央または外側)走り込んで振り切る。
  →スペースを見て,スピードのある生徒が走る
 ④タグを捕られないように上手に走る。
  →チェンジオブペース,カットイン,スワーブ,クロスなどの技術を使う。
 ⑤ゴールラインを越えるまでパスをつなぐ。
  →とにかくタグを捕られてもパスをつなぎ,反則やミスをしないようにする。一番確実。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド