TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/06/27 現在)

21421
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 4968788 更新:2016年01月05日

クラス全員が楽しめるタグラグビーの指導法(8)


1. どの子も熱中!ボール集め競争

(1) ゲームの概要

このゲームは、「自陣のフープにほかのチームより早く3個集める」というのがタスクになります。
このゲームをすることで、以下の力の向上が期待できます。

  ① 「ボールがどこにあるのか」「どこへ走っていけばよいのか」という判断力
  ② ボールめがけて走っていく際に要求される瞬発力
  ③ ボールを抱えて走る際に要求されるバランス感覚
  ④ ルールを守り、ズルをしないという遵法精神

(2) ボール集め競争の場づくり

_________

各チームの前と、中央にフープを置きます。中央には、ボールを5個少し離して置きます。
各チームのフープが、正三角形になるように、配置します。中央のボールの置いてあるフープは正三角形の中心になるようにします。

(3) ボール集め競争のやり方とルール

① 各チーム一人ずつ走って行って、真ん中にある5個のボールを取り合います。
② 選手は、1回につき、1個しかボールを持てません。
③ 選手は、ボールを抱えて自陣に戻り、自チームのフラフープの中にボールを置いたら、次の仲間にタッチします。
④ タッチしたら、次の選手がボールを取りに走り出します。
⑤ 中央のボールがなくなったら、他のチームが集めたボールを取ってきてもOK。
⑥ 一番早く3個のボールを自陣のフラフープの中に置いたチームの勝ちです。そこで試合終了です。
⑦ 4チームでやるときは、ボール7個で行います。

Ws452

(4) 大切な留意点

チームプレーが要求される楽しいゲームです。
「走る人」以外の「後ろの人」がどんなことを、いつ、どのようにアドバイスするか、というのがチームの共通課題となります。
試行錯誤しながらこの課題解決の追求を行い、話し合って異なる意見を認めつつ、自チームの作戦を確定していきます。
つまり、アクティブラーニングの形で展開しやすい教材といえます。
このゲームには、とても大切な実施上の留意点があります。
 

自チームのフープにボールを置いてからでないと,次の仲間にタッチできない、というルールを守らせること

 やってみるとわかりますが、子どもたちは白熱するあまり、ついタッチを先にしてしまいます。
 見逃して1位にしてしまうのは、いけません。ルール違反を認めたことになってしまうからです。
 教師は「レフェリー」であり「統率者」なのですから、見逃してはいけないのです。
 こういうところをきちんとしていかないと、学級が荒れていく要因となってしまいます。

 こういうときは、「足が遅くてもルールを守ってプレーしていた子」をきちんと大きくほめるのが大切ですね。
 ラグビー精神にも通じる「フェアプレー」を教えることにもなる、重要な場面です。

(5) 発展バージョン パスありボール集め競争

 このゲームには「パスバージョン」もあります。
 走っているプレイヤーが、どこかのボールを拾ったとき、自陣のフープの後ろにいる次のプレイヤーに対してパスをするのです。
 つまり走って戻らずに、拾ったその場から投げる(仲間へパスをする)わけです。
 次のプレイヤーは飛んできたボールをキャッチして、自陣の輪っかの中に置いてから、走り出すことができます。

 この「パス可能」というルールを追加することにより、「周辺視野・動体視力・瞬間視」というビジョントレーニングと共に、「ボールの投補」のトレーニングも行うことができます。

 「バスありルール」の場合の実施上の留意点は、以下のことを徹底させることです。

一度、自陣のフープへ向けてボールをパスをしたプレイヤーは,その場ではもうプレーできない。
すみやかに自陣へ戻り、最後尾に並ぶこととする。

そうしないと、同時に二人がインプレーとなり、明らかな不公平が生じてしまうからです。

以上を踏まえて楽しいゲームを行い、タグや楕円球に慣れ親しませていきましょう。

その先に、さらに楽しい「タグラグビーゲーム」があります。

下に、「ボール集め競争への動画」へのリンクがあります。 ご参照ください。

________4___version

 
 
 


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド