TOSSランド

コンテンツ登録数
(2017/10/23 現在)

21415
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 3106969 更新:2015年08月05日

ウナギのなぞを追って


説明文指導の定石は、「問いの段落は何ですか」「答えの段落は何ですか」と発問して、説明文の構造を考えていくことである。
しかし、「ウナギのなぞを追って」では、問いの段落がない。
最初の第一段落から三段落、最後の第十一段落を中心に30字以内に全文要約をする。

一方。第4段落から第10段落では、ウナギの卵を産む場所について書かれている。

1時間目 スラスラ読めるまで音読をする。

1時間だけでなく、前もって音読を何度も繰り返してスラスラ読めるようになっておく。

2・3時間目 トピックセンテンスと全文要約考える。

発問1:

説明文は最初と最後の段落が大事でしたね。
第1、第2、第3段落、第11段落を読んで、一番大切だと考える文に線を引きなさい。

教科書に線を引いた子ども達から黒板に書く。
黒板に書かれた要約からどの要約が一番適切か討論で考えていく。

発問2:

線を引いた文を中心に全文要約します。
30字以内にまとめて、ノートに書きます。

発問3:

黒板に書かれた要約で、これは違うというものを発表します。

ちがうものを検討することで、意見をしぼる。
昨年度の私のクラスでは「ウナギのなぞをとく調査をするために毎年マリアナの海にくる。」となった。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド