TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/24 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 2091281 更新:2015年01月21日

教員採用試験 三重県 2次試験情報


2014年度

小学校

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 受験番号が早かったので
皇學館大学生ばかりで
安心感がありました。
皇學館大学生が多かったので
緊張がほぐれました。

【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官3人、賛成3人、反対3人
ディベート
お題「宿題をたくさん出すことについて賛成か反対か」
初めに1分考える時間があり
そのご決められた立場3対3で
ディベートをする。
15分立ったら終了の合図があり
意見のまとまった人から1分程度で
感想を発表する。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 第一問
三重県教育ビジョンには二つの決意が盛り込まれています。その部分をあげて説明し、教員としてどのようにたずさわることができるかぐたいてきに述べ、250字以内でまとめよ。

第二門
キャリア教育の一環として職場体験を行うことについて、児童生徒、教員及び保護者のそれぞれについての意義について述べ250字以内でまとめよ。

第三問
グラフ読み取り問題。
【個人面接(形式・人数・時間】
 面接官三人から一人10問程度聞かれました。
一つの質問に多くて5回程度突っ込まれました。
圧迫面接でしたがあまり
圧迫に感じませんでした。
優しく他には?等の聞き方でした。

面接内容
・志望理由
・母の尊敬できるところ
・組織で何かしたことはあるか?
その中でどのような役割だったか
目上の人とどのような関わりをしたか
小学生とどのような関わりをしたか
具体的には?
・模擬授業、ディベートのできは10点満点中何点か?
・学童保育で得たこと
そこで出会った女の子との関わり方
・教員になって大切なこと
二番目は?三番目は?

場面指導
・4月の始業式から一週間休んでいる児童にどのように対応するか
・家庭訪問であえなかったら?
・通信を受け取ってもらえなかったら?
他には?他には?と結構突っ込まれました。

【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 入室後少し面接官と会話をし
その後、4分間模擬授業でした。
内容「5年 社会 我が国の国土と自然」
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニング
英語を聞いて日本語の正しい文を選ぶ問題等
少し難しくかんじました。

ピアノ
海の弾き語り 1番と2番

水泳
最初の体操が結構ハードでした。
体操をしてくれる教育委員会の人がみんなの緊張をほぐしてくれ良い雰囲気でした。
25m練習し、その後本番。

マット
一回練習し、その後本番。
試験管二人。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 笑顔で元気よくハキハキ
喋ることで圧迫面接も
圧迫面接と感じませんでした。
面接官もニコニコしていると
優しくなってくるので笑顔は
とても大切です!
少し傾向が変わりましたが
何も心配することはないと思います。
やはりみんなで練習を重ねることが
一番大切だと思います!

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 多くの受験者が周囲の人たちと試験内容について等の話をしており、ピリピリした雰囲気ではなかった。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 ・形式
5、6人の班に分けられ、そこからさらに番号の若い順から3人ずつ賛成と反対に分けられてのディベート
・面接官
3人
・テーマ
2学期制に賛成か否か
・時間
16分
最初に1分間考える時間が与えられ、その後討論が開始
・流れ
自分の班は賛成が3人、反対が2人、自分以外の受験者が皆講師の方であった。
沈黙が多々あったが、ある程度は建設的な話し合いは出来たのではないかと感じた。
ただ、2学期制についての知識があまり無く、メリットに関する良い意見を中々言えなかった。
特定の人物ばかり発言しているようなことはなった。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 全3問
それぞれ250字以内で記述
1、「三重県の教育ビジョン」では、三重の教育の基本理念を次のとおり掲げています。
「私たちは子どもたちを信じ
学校・家庭・地域が一体となって
子どもたちの大いなる可能性を引き出し
その輝く未来づくりに向けて取り組みます
 ~子どもたちの輝く未来づくりにむけた総力の結集 ~」
この基本理念には「2つの決意」が盛り込まれています。その部分をあげて説明し、教員として、どのようにたずさわることができるかを具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

2、「キャリア教育」の一環として職場体験を行うことについて、「児童生徒」、「教員」、及び「保護者」それぞれにとっての意義を具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

3、次の【表1】及び【図1】は、文部科学省委託研究「平成25年度全国学力・学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響をあたえる要因分析に関する研究調査」(国立大学法人お茶の水女子大学)から抜粋したものです。【表1】及び【図1】それぞれから読み取ることができる傾向を述べ、その傾向を考慮した学校における子どもたちへの働きかけとして考えられることの具体例を複数あげて、250字以内でまとめなさい。

【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 ・テーマ
第5学年、及び第6学年 国語 読むこと

・時間
4分

・流れ
教室に入り、受験票、合格通知書を確認した後、試験官の指示で開始
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ・リスニング
問題数は全部で10問
グラフや図を用いた問題もあり
難易度はそれほど高くはなかった

・マット運動
開脚前転→前転→1/2ひねりジャンプ→伸膝後転→側転
最初に1度通して練習する
その後本番

・ピアノ
「うみ」を前奏から1番を経て2番まで弾き語りをする
試験官は2人
片方は優しい雰囲気
もう片方は硬い表情

・水泳
25mを平泳ぎかクロールで泳ぐ(どちらでもOK)
最初に1度通して練習する
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ディベートは全然知らないような事についても賛成側で意見を言う可能性があるので、教育に関する問題で賛否両論のものを多く見ておいた方が良いと感じた。
面接官の方々から圧迫されたように感じたことはピアノ以外ではなかった。
面接官の質問の意図が少しでもわからなければ聞き返すようにした方が良い。 

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 一次試験もあったことからか、緊張した雰囲気ではなく、ふわふわしていた。
ふわついた気持ちで試験がいきなり始まってしまう恐れもあるので、自身で管理必要がある。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官3人

受験生 6人(3人ずつに分かれ、賛成派と反対派に分かれて討論)

時間25分(16分討論 9分でそれぞれが感想を言う)

流れ 自由に討論してOKだった

問題 学力を向上するために宿題をたくさん出すことに賛成か反対か討論しなさい

「建設的」に討論しなさい
と配布プリントに書いてあったため、双方で協力する必要あり
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 ・キャリア教育
・三重県教育ビジョン
・家庭の貧富の差と学力の差の関係性がわかるグラフ

の3題でした。
【個人面接(形式・人数・時間】
 ・模擬授業について
・自己申告書について
・どんな教師でありたいか
・そのために今何をしているか
・部活動で得たこと
・それを子供にどう伝えるか
・児童が授業中に寝ています。あなたはどう対応しますか。

最後の対応についての質問は答えた内容に対してさらに突っ込まれました。4ー5回そのやりとりがありました。

笑顔で取り組むことで、試験官の方にも伝わり、良い雰囲気で望めるのではないかと思いますし、とても大切なことです。
そういった、簡単なことを大切にしていくべきだと思います。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 1.2年 書くこと
10分間考える時間があり、
単元・題材を発表して4分間授業をしました。

実習で触れ合った子供たちに教えるようにイメージしながら授業をすればいいかと思います。

【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 ・マット運動
・ピアノ
・水泳

マット運動とピアノ演奏は特に、ミスしている人が目立ちます。できない人でも平均点をとることはできると思うので、それを怠ることなく行えば合格へ近づくと思います。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 試験は、100点をとるのではなく、全てにおいて60点、70点をとることが大切だと思います。ということは、苦手なものを平均点へ持って行く必要性があります。
そこを克服できれば合格へ一気に近づくと思います。
皆がやっていることをやるのではなく、自分にとって何が足りないか、合格するためには何が必要か、を逆算して行くことが大切です。皆と協力しつつも、自分のベクトルを調整していく必要があります!
頑張ってください!

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 一次試験で知り合った人たちと話す機会があり張り詰めた感じではありませんでした。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は3人
ディベートが約16分
課題は小中一貫校についてでした。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 1.三重県教育ビジョンから2つの決意について
2.キャリア教育における体験活動の意義
3.資料の読み取り問題

文字数は全て250字以内でした。
【個人面接(形式・人数・時間】
 模擬授業4分→個人面接20分
面接官は3人

内容
・学力について
・今まで困難を乗り越えた経験はあるか。
・場面指導(始業から1週間学校に来ない児童がいる。どのように対応するか。)
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 テーマ 3.4年 社会 地域社会における防災及び事故の防止
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニング
弾き歌い うみ 前奏から2番まで
水泳 クロール又は平泳ぎで25メートル
マット 開脚前転→前転2分の1ひねりジャンプ→伸しつ後転→側方倒立回転
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 二次試験は一次試験よりも受験者の雰囲気が良かったと思います。面接官の方も優しく話してくれるので、リラックスして臨めました。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 資料を見ている人もいたが、ほとんどの人は喋っていた。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は3名。時間は16分(その内1分は題目について考えをまとめる時間)。前半は賛成、後半は反対に分かれて討論するように指示される。題目は「学力向上のためにたくさん宿題を出すことについて」
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 テーマは3題。①「三重県教育ビジョン」では、三重の教育の基本理念を次のように掲げています。《私たちは子どもたちを信じ、学校・家庭・地域が一体となって、子どもたちの大いなる可能性を引き出し、その輝く未来づくりに向けて取り組みます。~子どもたちの輝く未来づくりにむけた総力の集結~》この基本理念には「2つの決意が盛り込まれています。その部分をあげて説明し、教員としてどのようにたずさわることができるかを具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。」
②「キャリア教育」の一環として職場体験を行うことについて、「児童・生徒」、「教員」及び「保護者」それぞれにとっての意義を具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。
③グラフの読み取り問題。250字以内でまとめる。
【個人面接(形式・人数・時間】
 1対3で個人面接。先に行った模擬授業の板書は消さないよう指示されてから始まる。時間は15分くらい?(はっきり覚えていません…。)一つのことに3、4回は質問される。(教師を目指したきっかけ・エピソードを詳しく、高校時代の部活動のこと、長所・短所、サークルのこと、一番の失敗)最後は場面指導(授業中寝ている児童にどう指導するか)。場面指導は4、5回質問される。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 テーマは面接時間15分前に発表される。一人ひとり紙があって、合図があるまでは開くことができない。テーマ「社会 第5学年 我が国の国土と自然について」10分間で授業を組み立てて、4分間模擬授業する。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニングは10分。やや易しい。
ピアノは電子ピアノ。鍵盤がすごく軽いという噂だったが、それほど軽くなくしっかり弾ける。面接官は2名。
水泳は事前に準備体操、練習1回できる。面接官は2名。
マット運動は事前に準備体操、練習1回できる。面接官は2名。ほぼ全員なんとなくできているが、側方倒立回転は諦めている人もいた。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 模擬授業は学習指導要領と教科書の目次くらいは準備しておいたほうがいいです。
論作文は時間が足りないくらいだったので50分で3題書ける練習を積んでおいたほうがいいと思います。
マット運動はできる人のを動画で撮って、自分のと比較してコツをつかんでください。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 少しピリッと緊張が張りつめたような雰囲気。たまに小さな声で話をしている人もおり、少し和やかな雰囲気でもあった。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 討論(ディベート)の内容は、「学力向上のために宿題をたくさん出すことに対して賛成、反対で話し合ってください」
面接官の人数は3人で、流れとして1分間考える時間があり、その後考えのまとまった人から1分以内で発言する。1分を越えるとアラームがなり、発言をまとめるよう言われる。討論が終わったら1分、討論を通しての自分の考えや自己評価などを述べる。時間は全体で16分だと思われる。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 1.「三重県教育ビジョン」では、三重の教育の基本理念を次の掲げています。
この基本理念には「2つの決意」が盛り込まれています。その部分をあげて説明し、教員としてどのようにたずさわることができるかを具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

2.「キャリア教育」の一環として職場体験を行うことについて、「児童生徒」、「教員」及び「保護者」それぞれにとっての意義を具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

3.次の【表1】及び【図1】は、文部科学省委託研究「平成25年度全国学力・学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響を与える要因分析に関する調査研究」(国立大学法人お茶の水女子大学)から抜粋したものです。【表1】及び【図1】それぞれから読み取ることができる傾向を述べ、その傾向を考慮した学校における子どもたちへの働きかけとして考えられることの具体例を複数あげて、250字以内でまとめなさい。
※グラフはSES(家庭所得、親の学歴)と子どもの学力の関係。SES(家庭所得、親の学歴)が低いほど子どもの学力も低くなる。
【個人面接(形式・人数・時間】
 3人それぞれから質問される。
圧迫面接をする人など役割が決められているようだったが、圧迫面接とは全く感じなかった。
・教師の志望理由は?
・理想の教師になるために、今どのようなことに取り組んでいるか?
・具体的にどのような活動を行ってきたか?
・困難なことは?
・意見が合わなかった経験は?
・その時どうしたか?
・登校してきた児童の顔が腫れています。どのように対応しますか?
など
言ったことに関連して質問される

【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 「1・2年生 国語 書くこと」
個人面接、15分前に課題を知らされ、10分間その場で模擬授業を考える。その際、教科書など資料を用いても良いが、電気機器の使用は不可。5分前になったら試験会場前に移動。入室後、校種・受験番号・名前を言ってから模擬授業開始。4分間模擬授業を行う。試験中は資料など持ち込み不可。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニングは全10問。校内放送でリスニングを行った。
ピアノは「海」のひき歌い。試験当日に何番を歌うか指示される(今回は1、2番を続けてひき歌い)。審査する人は2人。個別に電子ピアノで試験を行う。
水泳はクロールもしくは平泳ぎを選択し25メートル泳ぐ。本番前に練習を1度行う。
マット運動は[開脚前転→前転からの1/2ひねり伸身ジャンプ→伸膝後転→(折り返し)側方倒立回転]を連続して行う。本番前に練習を1度行う。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 個人面接は基本的なことしか聞かれなかったので、学校での個人面接練習などもとにして、しっかりと答えられるようにしておくと良いと思います。
ディベートは相手の意見を否定するのではなく、問題点や矛盾点などを改善する方向で意見を言っていくと建設的な討論になるのでは?と思います。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 そんなにピリピリした様子もなく、顔見知りの学生同士は普段通り会話をしていた。
【筆記試験の様子について】
 論作文及びリスニングの試験では、試験会場の教室で指定された席に番号順に座る。1次試験の筆記と同様。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は3人。校長先生っぽい人が2人、教委っぽい人が1人。受験者は6人で3人ずつ賛成と反対に分けられディベートをする。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 250字を3題。キャリア教育、グラフの読み取り、教育ビジョンなど。
【個人面接(形式・人数・時間】
 面接官は集団討論と同様。模擬授業が4分間、面接がだいたい15分程度。志望動機などから場面指導まで。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 国語、算数、理科、社会の中から1つ課題が出される。課題について10分間考え、持ち込みなしで模擬授業を行う。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニングは論作文の日に10問する。水泳、ピアノ、マット運動の実技は別日に行う。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ピリピリした空気でもなく、面接官も話しやすかったです。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 あまりピリピリし過ぎている様子はなく、和やかでした。
【筆記試験の様子について】
 論作文は1時間で3題なので、周りを気にする余裕もなく、集中していました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は三人、討論は約15分程度でディベート方式
「学力向上のために、たくさん宿題を出すことについて」

【論作文について(テーマ・文字数など)】
 教育ビジョンから1題
キャリア教育、学力問題
【個人面接(形式・人数・時間】
 面接官3人(校長先生らしき人が2人と教育委員会1人)
かなり深く聞かれました。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 6年生図形

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 若干ピリピリ
【筆記試験の様子について】
 リスニング
例年通り
訳す問題があった

論作文
データ読み取り一題
知識がないと書けない
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官 3人
流れ 賛成派と反対派が交互に
意見を述べる
出た問題 道徳の教科化について

【論作文について(テーマ・文字数など)】
 字数 250

教員として子どもにどのように携わることができるか
職場体験の意義 生徒 教員 保護者にとって
グラフ読み取り
【個人面接(形式・人数・時間】
 人数 3人
時間 40分

【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 テーマ
5年社会 我が国の国土の自然
4分導入
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニング
10問 和訳、対話、絵
水泳
25m クロール、平泳ぎ

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 模擬授業は全教科把握するのは無理だか少し見ておくことが大切。
去年と比べて異なる点は様々にあるが動揺せずに取り組むことも大切。
最後は気持ちで勝負。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 静かだったが、まわりのひとと会話できたので落ち着けた。
【筆記試験の様子について】
 教室はとても暑かった。酸素不足になるぐらい息苦しかった。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 人数3人、25分、宿題をたくさん出すことに賛成か反対か、ディベート形式
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 教育幻ビジョン
キャリア教育
学力について
全て250字以内
【個人面接(形式・人数・時間】
 3人で約15分
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 3人で約5分
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニングは簡単
水泳は基準がよくわからない
マットは指を意識する
ピアノは練習はとにかくたくさんしておいたほうがいい
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 当日会場したら、ノートや資料は別に見なくてもいいと思います。そのかわり、笑顔、大きな声、これだけ意識していれば大丈夫です。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 【論作文・リスニング試験】
集合時間の45分くらい前に会場に着きました。
さすがにまだ人はほとんどおらず、30分前くらいから人が集まり始めました。
教室内ではほぼ全員がノートを見返したり、資料を読み込んだりしていました。
ピリピリとした雰囲気ではなかったですが、緊張感溢れる空間でした。
話している人は全くいませんでした。

【実技試験】
ピアノ試験からの場合
ランチルームが集合場所だったので、受験者はテーブルに向かい合って座っていました。
近くの人と話したり、テーブルでピアノの練習をしたりして過ごしました。
話すことができたおかげか、試験まであまり緊張せずに過ごせました。
笑い声があがっていたテーブルもありました。

【集団討論、個人面接】
今回もランチルームに集団しました。
さすがに近くの席の人たちと面識ができてきたので、どこのテーブルも話をしていたようでした。
待ち時間では、模擬授業のために指導要領を読み込んでいる人が多かったと思います。
何も見ず、ずっと話をしていた人もいました。
緊張感はありましたが、ピリピリとした雰囲気ではありませんでした。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 受験者6人が受験番号順に賛成派3人、反対派3人に別れてディベートを行いました。
面接官3人、入退室含めて25分ほどでした。
ディベートについての説明後にテーマを言われ、1分間自分の意見をまとめる時間がありました。
1分経った後は16分間で自由にディベートを行いました。
テーマ*学力向上のために、たくさん宿題を出すことについて

私のグループでは和やかな雰囲気の人が多かったです。
ディベートと言っても、メリット・デメリットを挙げながら最善の方法を考えるという感じで進みました。
1次の時に比べると雰囲気を崩す人がいない分、話しやすい雰囲気だったと思います。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 ①教育ビジョンの2つの信念を挙げ、自分がどう携わっていけるか述べよ。(250字)
②キャリア教育に関わって、職業体験学習における児童生徒、教師及び保護者の意義について述べよ。(250字)
③表の読み取り問題
〈経済格差が学力格差につながっているというデータ〉
表1及び図1からそれぞれ読み取れる課題を挙げ、その課題に対応する方法について複数述べなさい。(250字)

データの見出しが英語で書かれていて、理解するまでに時間がかかりました。

時間は60分間です。
見直しまでしたらギリギリでした。

【個人面接(形式・人数・時間】
 模擬授業から個人面接という流れでした。
集団面接の時の面接官3人がそのまま面接官でした。
時間は20分~25分ほどだと思います。

基本的な質問が多く、理想の教師像や教師を目指したきっかけ等を聞かれました。
その後、話が派生していく感じで流れていきました。

最後には5分ほどで場面指導を聞かれました。
【何度も保健室に行きたいと訴える児童がいます。どう対応しますか。】
答え方次第で、追加で4・5回具体的な場面について聞かれました。
【授業中なら?保護者は授業を受けさせてくれと言っているが?等】

圧迫面接ではないと感じました。
ですが、顔は優しいけれど、聞かれる内容は厳しいな、という印象でした。

【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 テーマ*6年、算数、図形
持ち込み全て不可、4分間

個人面接20分前に小控室という部屋に入り、課題は15分前に配布されました。
10分間資料をもとに授業を考え、個人面接5分前に小控室を出ました。

あらかじめ〈学年〉〈教科〉〈領域〉でひとつずつ模擬授業を考えていたので、その内容を復習もしくは改善するだけでした。
あらかじめ考えておいてから試験に臨むと、焦らずに出来ると思います。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 【マット運動】
開脚前転→前転からの2分の1ひねり伸身ジャンプ→伸膝後転→側転

練習あるのみだと思います。

1次試験の1ヶ月前から毎日ストレッチと筋トレをしていました。
はじめは前転すら出来ませんでしたが、ストレッチと筋トレを毎日続けたら、一通りは出来るようになりました。

【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 前々からの準備が大切だと思います。
一日一日を無駄にせず、今日出来ることを毎日積み重ねていくことが大切なんだと改めて感じました。

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 張り詰めた雰囲気ではなく、集団討論のメンバーで話をしたり、いい雰囲気だと思いました。
【筆記試験の様子について】
 少し形式が変わった気がし、難しく感じました。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 「学力向上のために宿題を多く出すことに賛成、反対に分かれて話し合いなさい」というテーマでのディベートでした。わたしは賛成派でした。面接官は発言していないひとの様子も見ていたような気がしました。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 250字が3問で変わりはなかったのですが、知識問題で、時間がかかってしまいました。
【個人面接(形式・人数・時間】
 面接官3人でした。主に調書から質問されました。最後の5分くらいは場面指導がありました。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 第1・2学年 国語 「書くこと」がテーマでした。一度椅子に座ってからテーマと自分のする単元名を言ってから始まりました。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 リスニング、水泳は例年通りでした。水泳、マット運動の前は、面接官が準備体操を緊張をほぐすようにやってくれました。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 何一つ手を抜かずにやることが本当に必要だと思います。また、模擬授業や面接練習など、仲間同士でやってアドバイスをもらいながら繰り返しやることが大切だと思います。

中学校

【受験自治体】
 三重県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 1次試験よりピリピリした感じの雰囲気はありませんでした。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官…3人
時間…約16分
流れ…ディベート形式で、問題が提示された後、前半3人が賛成 後半3人(または2人)が反対の立場に割り振られ討論。討論終了後、1人持ち時間1分で討論の感想や自分の意見などについて述べる。

出題問題…
問題行動を起こす生徒に出席停止をすることができます。この事に対して賛成か反対に分かれ討論してください。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 (論述試験)
20字×12行+10字×1行の250字が3問でました。
1.三重県教育ビジョンから
2.キャリア教育としての職場体験の意義を生徒・教員・保護者のそれぞれの視点で
3.グラフから読み取り自分の考えを書く
【個人面接(形式・人数・時間】
 形式…プライベートな質問、自己調査書から質問、教育関連の質問、場面指導
面接官の人数…3人(集団討論と同じ面接官)
時間…約20分

出題問題…

・(1次試験に出した個人票見て)あなたはどうやって地元から大学まで通学しているのですか。

・あなたが最近注目している教育情報はありますか。
(「子どもがインターネットを使う事で様々な問題が起きている事です」と答え、何回か受け応え)
ほんの少し圧迫面接でした。

・(自己調査書から)1の内容でたくさんの経験をしたそうですが、一番印象に残っている事は何ですか。
(教育支援ボランティア と答え、5回ほどやりとり)
※集団討論の課題と絡めた質問が出ました
・教員に必要は資質とは何ですか。

場面指導…授業中寝ている生徒がいます。どう対応しますか。
何回かやりとり(少し圧迫面接)
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 テーマ…2年生 読むこと

時間…4分

模擬授業開始15分前に控え室で課題が提示され、10分で授業を組み立てる。5分間で試験会場前の廊下へ移動。面接官に呼ばれるまで手書きの資料は見ることは出来る。
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 今年から試験当日に模擬授業の課題が発表されたり、ディベートや場面指導が導入されたりなど変更点がたくさんありすごく緊張しました。
模擬授業は15分で組み立てると書いてありましたが、実際は10分でした。
2次試験を受ける時は、学習指導要領と教科書は必ず持っていくことをお勧めします。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド