TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/22 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9980304 更新:2015年01月03日

教員採用試験 山梨県 2次試験情報


2014年度

小学校

【受験自治体】
 山梨県
【試験段階】
 二次試験
【校種】
 小学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 結構みな早く集まっていた。互いに挨拶を交わし合い、意識が高いように感じた。
【筆記試験の様子について】
 
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 情報 について書く。800字50分
【個人面接(形式・人数・時間】
 4人の試験官。大体が、願書からだされた。時間は30分。うち5分が場面指導。
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 新曲視唱は難しいので気にしなくてもよいかもしれません。
個人面接はあっという間に感じられるほど、和やかな雰囲気ではありました。すこし、強面のひとがいらっしゃいましたが、笑顔で乗り切りました!がんばってください!

2012年度

小学校

1.校種・教科
山梨県・小学校


2.試験会場に入っての雰囲気
受付時間までは会場の外での待機でした。小学校、中学校の200人くらいが1つの大きな会場で受験しま
した。会場に入ると、受験者は開始時間までノートを見たり、本を見たりと、論作文のために心構えをし
ていました。受付中も試験官がたいてい1人は会場に貼りついていました。


5.論作文について(テーマ・文字数など)
テーマは「いのち」でした。800字で50分。メモ用紙も配られ、メモをしてから書き始めました。個人的
には時間が短く感じ、少し考え込むと文字が埋められなくなるので、どんどん書いていって、ぎりぎり書
き終わりました。


気付いたこと
MMPIは、縦に答えていくのを横に答えている人が何人かいて、試験官に注意されていました。時間内に
終わらない人が5人くらいいて、休憩中にしていました。悩んでいると時間がかかってしまうので、直感
で答えていきました。

中学校

2人目

山梨県教員採用試験 二次試験(一回目)


1.校種・教科
中学校・国語

2.試験会場に入っての雰囲気
 会場が8時30分だったので、外での待ち時間がありました。その時に、試験官が二人出てきて教室の割り振りを掲示してくれました。なので、自分はどこに行けば良いかがすぐにわかり、会場に入るまでがスムーズでした。
 外での待ち時間は皆リラックスしていましたが、会場に入るとやはり緊張感が漂いました。教室はいくつかに別れていましたが、私の試験会場は大会議室でした。一次試験の時とは違う広い会場に、200人程度が座るということで、少し戸惑いました。しかし、広い空間だったので、人との距離が離れていて逆に落ち着けました。私の席は後ろから2番目だったので、全体の様子も見て取れました。周りの人も、この日は精神検査と論作文だけだということで、一次試験の時よりも余裕がある様子でした。(私は緊張していましたが…)

 試験官は7、8人程度がいて、全員で期間巡視をしながら監督をしていました。
 室内環境にも気を配って下さり、冷房も効いていました。私には少し寒く感じられましたが、試験官の「寒かったら遠慮なく言ってください。」の心配りの一言に、癒されました。


クレペリン(50分)→MMPI(50分)→論作文(50分)
 という順番で実施されました。クレペリンは、周りの人の計算ペースがとても速く、焦りました。何度か書き間違いもしてしまったので、精神疾患が認められないことを祈るばかりです…笑
 MMPIは早く終わらせた人が多かったです。しかし、時間内に終わらない人もいました。しかし、制限時間に終わらなくても、休憩時間を使って最後までやらせてもらえました。終わった人たちは退室し、会議室の外で休憩を取りました。そして、中の人が全員終わったらまた戻るというシステムでした。会議室の外は暑く、座ることもできなかったので、若干辛い休憩となりました。しかし、そのおかげで周囲の人たちはリラックスできたようで、友人と話をするという姿も見受けられました。

 ちなみに、私の受験した中学校・国語は、8人通過した中で7人が女性という、すごい男女比でした。また、特別選考枠の通過者が少なかったようです。さらに、3人ほど年配の方がいらっしゃいました。



5.論作文について(テーマ・文字数など)
テーマ   「いのち」
文字数   800字
時間     50分

山梨県は、毎年抽象題が出されます。東日本大震災や、いじめ問題の深刻化に伴って決められたテーマなのかな…と感じました。私にとっては、とても書きにくかったです。周りもそう感じていたらしく、試験が終わった後に、「書きにくかった…」という囁きもちらほら聞こえてきました。また。「最後までいかなかった…」
と落胆する人もいました。テーマももちろんですが、50分で800字を書くというのは、なかなか難しいです。時間との勝負という部分もあるので、何回も練習をしてペースを掴んでおくことが必要だと感じました。

サイト内の情報の無断転載を禁止します。
また、リンクを張る場合は、「採用試験突破ランド」トップページから張るようにしてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド