TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/05/27 現在)

21635
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 9623815 更新:2015年01月02日

教員採用試験 福島県1次試験情報


2014年度

中学校

【受験自治体】
 福島
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 開場時間には大体の人が来ていたようだったので、余裕をもって来るほうが良い。受験生は緊張感に包まれているが、試験官の先生方は穏やかな雰囲気だった。
【筆記試験の様子について】
 専門も教職教養も、少し傾向が変わっていたように感じた。マニアックさは特になく、難易度はそんなに高くはないように感じられた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 筆記試験の試験官2人がそのまま面接官になる。9人で30分。30秒考え、1分程度で簡潔に答えるよう指示があった。質問は三つ、①自分の特技・長所と、教師としてどう生かすか。②福島県の子供たちに身に付けさせたい力は何か。③自分の指導力を上げるためにどうするか。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 (音楽)聴音は普通教室で、校内放送で行われる。音量小さめで若干聴きづらい。その後1人ずつ試験場に入り、新曲視唱・視奏、バッハ、弾き歌い、自由課題と次々と演奏する。どれも1分程度。グランドピアノとは限らない。
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 扇風機しかない会場だったため、暑かった。体温調整できるよう中は半袖シャツにするなどしたほうが良い。実技の自由課題も1分程なので、一番きかせたいところをしぼっておいたほうが良いかも。

【受験自治体】
 福島県
【試験段階】
 一次試験
【校種】
 中学校
【試験会場に入っての雰囲気】
 当日は気温が高い中、エアコンもなく扇風機だけだった。窓を開けていたが、とても暑い中での受験となった。
【筆記試験の様子について】
 専門科目は、かなり難しかった。時間配分がうまくいかず、時間が足りなくなってしまった。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官2人。1グループ10人で面接を行った。
福島県の子供に身に付けさせたい力は何か。
自分の指導力を高めるためにどんなことができるか。
自分の特技と長所は何か。それを教育の中でどう生かすか。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 教職教養の問題が少なかった。時間は30分。専門科目に時間をかけて準備をしていった方がよい。

2013年

小学校

1、 受験地名、校種、枠      
> 福島県小学校 1次試験
>
> 2.試験会場に入っての雰囲気や服装
> 1日目
> 講師の方も多く、静かで落ち着いた雰囲気。
> スーツが基本。上着、ネクタイ着用の人もいましたが、暑い時はノー上着、ノーネクタイでも可能だそうです。
>
> 2日目
> 男性、女性で会場が分かれる。
> 実技試験のため、ジャージで来ても可能との指示がありました。スーツでも更衣室はあるので着替えられます。
>
> 3. 筆記試験の様子について
> 専門が午前中。
> 全教科の解答用紙、問題用紙が20分くらいかけて配られる。
> 国語20分
> 算数20分(この時間に国語の解答用紙を回収)
> 英語リスニング10分
> 社会・理科・音楽・図工・家庭・体育 50分(この時間に算数・英語の解答用紙を回収)
>
> お昼休憩
>
> 午後
> 教職教養30分
> 4.集団面接について
> 1グループ9人。20分程度。
> 廊下側から番号が若い順に並ぶ。
> 荷物は教室に入ったら後ろの方に置く。
> 面接官2人。(1人だけ質問してもう1人は評価)
> 30秒考える時間あり。
> 受験番号を言ってから答える。
> 1分以内に簡潔にとの指示あり。1分経過すると1分経ったと示される。
> ①福島県の教員になって実践したいことは何か。
> ②体罰についてどう思うか。
> ③保護者と信頼関係を築くためにはどうするか。
> 8.実技テスト
> 2日目が実技試験
> 男性1会場、女性2会場
> 音楽→マット→20m往復走の順番
>
>
> ☆音楽『ふるさと』弾き語り
> 1番のみ 1分以内(1分経つと途中でも止められる)。
> 試験監督1人。
> 1グループ15人前後。
> 自分の発表の時以外はグループの人の発表を聞いて同じ部屋で待機。
>
> ☆マット運動
> 前日の悪天候で校庭が使えなくなったため、鉄棒からマットに当日に変更。
> 本番の前に一度だけ練習あり。
> 開脚前転→前転→後転→伸膝後転
>
> ☆20m往復走
> 4人ずつ。
> 20mを続けて3往復のタイム測定。
> 切り替えの時に、ラインタッチをすること。
>
> 9.感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス
> 筆記の国・算は時間との勝負です。
> 過去問との出題傾向とあまり変わっていなかったので、過去問で問題に慣れておくことが大切かと思います。
> 実技は練習すればしただけできると思います。講師の方が多いように感じましたが、自分のペースで落ち着いて臨んでください。

中学校

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 その他
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 特別選考Ⅰは,3人しか教室にいませんでした。(英語2名,社会1名)
【筆記試験の様子について】
 試験官2人と受験者3人のみの教室で説明に時間がかからないので時間をもてあましていた。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 「人づくり」の必要性が言われています。あなたはどのような教育をして「人づくり」をしますか。
50分 A3 枠のみ 字数制限なし。枠が埋まるまで。
【個人面接(形式・人数・時間)】
 試験官2人 15分
1人目→模擬授業と指導案についての追加質問。
2人目→福島県を受けた理由
    生徒指導において気をつけること。 
    自己アピール
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 指導案作成(60分)
 教科書のコピーと単元指導計画を渡され,それをもとに本時の指導案を作る。
 ポイントは,言語活動の充実のために,どのような手だてをするか。

授業10分
 受験者対試験官2人
 (試験官は一切反応しない)
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 論文は,軸となるパターンを作りましょう。
 ポイントは,生きる力の理念を把握していること。
 言語活動充実の手だて(引き出し)をたくさん考えておきましょう。

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 一般
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 緊張感があり、それぞれ参考書などで勉強をしている。
【筆記試験の様子について】
 試験官は2人。前方と後方に1人ずつ立っている。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は2人
時間は30分
福島県で実践したい教育について
保護者の信頼を得るには
体罰についてどう思うか
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間)】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 面接は、あまり内容は重要ではないと感じた。面接官は、手元の資料に、受験者が答えると、「〇」しか書いていない。それよりも、受け答えや、話を聞く姿勢などに注意すべき。

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 一般
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 予定時刻になっていないのに着席させられたり、待ち時間、空白の時間が長くて不安だった。
試験監督の先生方は、リラックスした雰囲気を作ってくださいました。
【筆記試験の様子について】
 時間配分が難しかったです。
周囲の受験者はあまり解答欄を埋められていない印象でした。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官は2名。時間は30分。
質問→30秒→回答という流れ
あなたが福島県の職員になって最も実践したいこと
体罰について
保護者との連携について
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間)】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 その他
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 講師経験が長い人たちばかりなので、落ち着いた雰囲気であった。
【筆記試験の様子について】
 昨年までと傾向が全く違っており、他の受験生の方々も手こずっていた様子。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 面接官2名、問題は3問。
1問につき、一人1分の持ち時間。
体罰についてどう思うか。
保護者と良い関係を築くにはどうしたらよいか。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間)】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 試験時間、内容ともに、今年度は例年と違っている。今後も、傾向が変わることがあるので注意したい。

【受験自治体】
 福島
【校種】
 中学校
【枠】
 一般
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 
【筆記試験の様子について】
 [福島県、教職教養]
教育基本法9条、学校教育法11、29、45条
地方公務員法、児童虐待防止、学習指導要領→指導計画の作成。生徒指導提要、総合的な学習の時間。いじめの調査について。記号問題は2、3割。あとは記述。30分の試験。問題量は少なめ。基本を押さえていれば。

【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 [福島県、面接内容]
1、本県においてあなたが目指す教師とはどのようなものか。
2、教員の不祥事が絶えませんが、あなたは体罰についてどのように考えていますか。
3、保護者との信頼関係を築くには担任として何が大切か。
面接官2人、30分
受験者7~8人
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 
【個人面接(形式・人数・時間)】
 
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 気持ちの準備もして
備えておくとよいです!

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 一般
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 そんなにぴりぴりしたり、重苦しい雰囲気ではなかった。教室内でも、試験中以外は知り合いと話したり、廊下で話している人もいた。
【筆記試験の様子について】
 専門教科は難しい上に、100分なのでペースを考えないと最後まで集中力が持たなかったり、解き終わらなかったりする。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 ①面接官 2人(質問者は1人)
②時間  30分
③グループ 9人
④質問内容
 1 福島で教師になってやりたいことは何か。
 2 体罰をどう考えるか。
 3 保護者との信頼関係を築くにはどうすれば良いか。
⑤流れ
 1 体育館で待機
 2 予定5分前に班ごとに移動
 3 面接(質問①は右から、質問②は左から、質問③は真ん中からと答える順番が変わる)
 4 終了後そのまま帰宅
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 なし
【個人面接(形式・人数・時間)】
 なし
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 なし
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 なし
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ・当日の面接では、半袖、色つき、フリル付きの服を着た女性が多かった。自分は長袖だったので半袖にすればよかった。
・クーラーがないので体温調節できる服装で行って、集中して受験するのがよい。

【受験自治体】
 福島県
【校種】
 中学校
【枠】
 一般
【試験の区分】
 1次試験
【試験会場に入っての雰囲気】
 開場前からたくさんの受験者がきていた。参考書を見たり、知り合いとしゃべっていたりするが、全体的にピリピリしている。
【筆記試験の様子について】
 全員、集中して解いている。
【集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など)】
 ①面接官 2人
②面接時間 30分
③質問内容
 1 本県の教員になってやりたいことは何か。
 2 体罰についてどう考えるか。
 3 保護者との連携のために取り組むこと
④方法
 1人ずつ、1分程度で答える。
【論作文について(テーマ・文字数など)】
 なし
【個人面接(形式・人数・時間)】
 なし
【模擬授業(テーマ、時間、試験の流れ)】
 なし
【実技テスト(リスニング・水泳・ボール運動)】
 なし
【感想・気付いたこと・これから受ける人へのアドバイス】
 ・緊張せずに頑張る。
・法規や学習指導要領は完璧に覚えていないとだめである。

2012年

中学校

1人目
1 中学英語


2 各所に誘導員の方がいらして案内を受け教室に入る。受験の年齢層が広く、受験者同士で顔見知りも多いため、比較的和やかな雰囲気だった。
教室に入ってすぐに「窓空けましょうか」など、集まってきた受験者同士でコミュニケーションを取っている様子が見られた。


3 リスニングは試験開始後5分で放送によって流される。
今年はディクテーションが導入されていた。
要約だと勘違いして聞き逃してしまった人がいたようなので注意して聞く必要がある。


4 面接官2人 時間30分 1グループ10人
あなたの良さは何ですか。
あなたは友達または同僚と上手くやっていくために常日頃から
心がけていることは何ですか。
教師の魅力は何ですか。
面接官から質問された後、30秒ほど考える時間を与えられ、番号の早い順から答える。次の質問は、真ん中の番号の人から。最後は番号の遅い人から。答える前に番号を行ってから話すように指示される。


9 面接は初めに結論を述べてから理由付けをして簡潔に話すと聞きやすいと思います。教職は最近の時事まで把握しておくと良いです。専門のリスニングは英検3級レベルですが、長文や語法は難しいです。TOEIC880点を目指して勉強した方が近道かも知れません。

2人目
1 中学国語


2 とても厳粛な雰囲気から始まったが、受験会場の教室に入ると席順の指示が間違っているところがあり、少し不安を感じた。それは他の受験者も同様だったように思える。しかし、その後の指示伝達はとてもスムーズで集中して試験に取り組める雰囲気になっていた。


3 教科120分と時間が十分に与えられているように感じるが、実際は時間配分を間違えると余裕がなくなってしまいそうなので注意したい。


4 面接官の人数 2名 時間 約30分
あなたの良さは何ですか(自己PR)
友人や同僚との人間関係を円滑にするためにあなたが行っていることは何ですか。
教師の魅力とはなんだと思いますか。
初めにこれから3つの質問に答えてもらう旨を伝えられ、質問が二度繰り返された後、30秒ほど時間を空けて質問に答えるという流れだった。
発言順は、1つ目の質問では番号の若い順から、2つ目では番号の中ほどから、3つ目は番号の遅い順から答えるというものだった。


9 会場へは時間に余裕をもって行った方が良いです。
ギリギリ滑り込みの受験者がいましたが、自分のためにも周囲の人のためにも落ち着いた受験環境を整えてほしいです。

3人目
1 福島県 中学 数学


2 例年に比べて、若い受験者が少なく感じた。そのためか、例年より落ち着いた雰囲気だった。


3 教職については例年とほぼ同じ傾向。新学習指導要領についての問いが少し多い割合。
教科は、傾向が大幅に変わっていた。過去問を解くだけではきついかもしれない。


4 面接官2名 設問は3問 グループは7~8名
回答は1人当たり1分以内に答える。
①あなたが教師という職業に魅力を感じるところはどこですか。
②あなたの良いところをアピールしてください。
③思いだせませんでした。


9 震災の影響は少なからずある感じ、教職に関しては自分の受ける校種以外に幼稚園の指導要領も出題される。教科は大学入試以上のレベルの問題を多く解いておくべし。

4人目
勤務校の講師の先生方が、非常に強力的で助かっています。
実技教科の情報です。


1 福島県 中学 保健体育


2 受験者それぞれが私語もなく、集中した雰囲気であった。
空き時間が長く、日程の改善が必要。


3 専門が60分、教職が50分
専門試験は9割が指導要領から出題
教職は、法規関係、特別支援がまんべんなく出題、本年は出題形式が変わった。


4 面接官は2名。時間30分程度、9~10名での試験。
あなたの良さは何ですか。
同僚や友人と関係を保っていくために必要なことは何ですか。
教師の魅力とは?

高校

5人目
1.受験自治体・校種・教科
福島県 高校 国語


2.試験会場に入っての雰囲気 スーツが大半。年齢層も幅広く、様々な状況の人々が 教員採用試験にやってきたのだと感じた。教室内の試 験監督は2人だった。各々、試験開始まで勉強したり水 分補給したりして気持ちをセットアップしていた。


3.筆記試験の様子について ①教科専門試験について(120分) 150点満点で大問が5題あり、評論文・小説・古 文・漢文・国語常識で構成されている。評論文は、5 0~80字の記述式が2~3題出題され、かなりの難 問。日頃から記述式の問題を短い時間で解答する練習 を積んでおくことが必要だろう。評論は、とにかく短 時間で解答するのは、難しいので、全体の時間配分を 決めておくことをお勧めする。小説は、基本的な易し い問題が中心なので、短時間で解答することが可能。 しかし客観式の問題は、難しい。センターなどの問題 を練習することも有効である。古文は、基本的な問題 が多いが、文章が長いので読み慣れていないと厳し い。現代語訳の問題で点差がつくと思われる。漢文 は、基本的な問題で構成されているので、書き下し 文・現代語訳・訓点がポイント。漢文は、できれば短 時間で解答したい。国語常識は、過去問で傾向を チェックしておくことが必要。文学史の問題と文芸理 論の説明を問う問題は、かなりの難問。日頃から、有 名作家の名前と作品だけでなく、その作家の理論や派 閥について説明できるようにしておくことが大切であ る。試験時間は、120分と長いように思えるが、問 題数が多いので時間配分を意識して解答していくこと が一番重要である。
②教職教養試験について(50分) 福島県は教職教養のみ。問題は、教育法規が中心で、 法律の名前を書かせる問題が難問。記述の問題で差が つくと思われる。教育基本法と学習指導要領は、全体 の6割を占めるので隅々まで読み込んでおくことが必 須。出題範囲は、狭いが記述式なので、書けるように 準備していくことが重要。福島県教育員会の教育目標 について問う問題は、必ず正解したい。


4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、 出た問題など、どの点で苦労したか) 受験生が10人1組で面接官は2人。三十分間だが、 質問は三題。一人一分以内で答える形式。面接官は、 質問・観察という役割分担のようであった。 ・志望動機 ・教員の不祥事について どうすれば根絶できるのか ・ボランティア経験があるか ・東日本大震災から何を学んだのか おそらく一次試験の面接では、教師の資質に関する基 本的な内容が問われるが、福島県を受験する人は、東 日本大震災、原発問題などに関する考えを持っている ことが必要。これから子供達にどんな影響が出てくる のか、またどんな問題が出てくるのか、現場経験が無 くとも、考えて置くことが重要だと痛感した。


5.論作文について(テーマ・文字数など) なし


6.個人面接について(形式・人数・時間) なし


7.模擬授業(テーマ・時間・流れ) なし


8.実技テスト なし


9.感想・気づいたこと、これから受ける人へのアド バイス
福島県は、これから原発や復興など難しい問題が山積 みである。教師として福島の人づくりに尽力したいと いう強い思いを持つことが一番大事だと思う。集団面 接でも自分以外の受験者の福島県への熱い思いを聴く 中でもっともっと福島について自分自身考えていかな ければならないなあと痛感した。これから受験する人 は、ぜひがんばってください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド