TOSSランド

コンテンツ登録数
(2019/09/19 現在)

21653
TOSS子どもランド TOSSオリジナル教材 TOSS動画ランド TOSSメディア TOSS-SNS TOSS公式(オフィシャル)サイト
TOSS子どもランド
TOSSランドアーカイブ
TOSSランドNo: 7060501 更新:2015年01月03日

教員採用試験 堺市 1次試験情報


2012年度

小学校

1人目

堺市 小学校

会場に入っての雰囲気
堺市…試験監督の人が優しく、教室を間違えた人に対しても、十分間に合うよと言葉がけをしていて、とても心が和みました。

筆記試験について
堺市…問題は今までどおり、大阪府と一緒でした。一般と教職の問題が明確にわかれていませんでした。

中学校

2人目

【質問内容】
1.中学校・特別支援学校中学部 英語 女性


2.試験会場に入っての雰囲気
会場に着くと他の受験生が外に並んでいました。
全体的に講師の先生方や社会人の方が多いように感じました。
他の受験生や教育委員会の先生方に元気よく笑顔であいさつすることができ、少しだけ緊張が和らぎました。
控え室に着くと、結構辞退者がいることに気づきました。
前列と後列に分かれていたのですが、わたしのいる前列だけでも20人ほど辞退者がいました。
一班 6人の予定だったのですが、ひどいところは2人~3人ほどで、班の組み換えも行われました。


4.集団面接について(面接官の人数、時間、流れ、出た問題など、どの点で苦労したか)
集団面接は面接官3人、受験生4人で行われました。わたしのところはわたし以外の3人が講師経験者でした。
テーマは入室する前に各机上に配置されていました。
今回は「ゴミ分別回収の意義と現状、どうしたらよりよい町にしていけるか」というものでした。
3分間の構想のあと、自由に討論をはじめるといった形でしたが、机上にペンと紙がおいてあり、
そこに自分の意見をまず、書いてからはじめました。
はじめわたしが話し始めるまで誰も話をしようとせず、 わたしが1番に話し始めてしまいました。。。。
自分が1番にはなしはじめることに対して、ためらいもありましたが、でも面接の評価基準として
一生懸命考えようとしているか、その姿勢も含まれていたので、しっかりと話しあいをさせていただきました。
時間としては約25分間あり、必ずそのあいだに班で意見をまとめるというものでした。


6.個人面接について(形式・人数・時間)
面接官3人につき、受験生1人で行われました。
時間は25分間でした。
ろうかで待っている間、けしごむ・えんぴつなどの筆記用具を出しておくよう指示がありました。
はじめに場面指導が行われました。
テーマは、集団討論の時と同様、机 上にすでに置いてあり、2分間メモをとってもいいので考える時間がありました。
今回のテーマは、中学校3年の担任という設定で、教科担任の先生から授業中に携帯が鳴ったのにもかかわらず、誰も名乗りでなかった、と聞きました。あなたならどう指導しますか?
というものでした。
2分間の構想のあと、後ろにある教壇に立って実際に場面指導をしました。
自分では緊張しているつもりはなかったのですが、考えがうまくまとまらず、少し戸惑ってしまったのが面接官に伝わったのか、「だいぶ緊張しているようですね」といわれてしまいました;'( だいぶショックでした。。。。。
そのあと、
なぜそのような指導の仕方をしたのか、指導するうえであなたが気をつけたことは?などたくさん質問されました。
私は、生徒同士の信頼関係を大切にしていきたい、という話をしたので、どうしたら生徒間の信頼関係が生まれるのかということもたずねられました。
場面指導でしくじった分、自分の経験や面接自己アピールシートに記載した内容に沿って堂々と話をすることができたと思います。
その後は、事前に記入し持参していった、面接自己アピールシートより質問がされました。
(1)堺市で気になることは?いいなと思うところは?
→私は堺スタンダード(朝のあ いさつ運動、読書指導、茶の湯体験)のなかから、茶の湯体験のことを話しました。
(2)あなたのよさを具体的なエピソードをふまえて。
→私は、「相手のよいところをみつけ、それを相手に伝えることができる」ということをよさにしているので、
大学のサークルでのエピソードをお話しました。
(3)教師になろうと感じたのはいつ頃?
(4)どのような生徒が気になる?
(5)自己アピールを30秒ほどで。

9.感想・気づいたこと、これから受ける人へのアドバイス
堺市はとてものどかで、いいところです。
面接官の先生方も笑顔でうなずきながら、わたしのときは聴いてくださっていたので、わたしも 緊張が和らぎました。
しかし、優しさに甘えすぎないようにしてください。
きちんと、あいさつをする場ではきちんとあいさつをする。発言する場では発言する。
そういった、メリハリをきちんともったほうがいいと、私は思いました。
あと、まわりの受験生の声がとても小さいように感じたので、自分はそれよりも2倍も3倍も大きい声を出すように
わたしは心掛けました。
まわりの雰囲気に流されず、大きな声で面接に臨んでほしいと思います。
少なくとも私は、自分の伝えたかった内容を伝えることができたので、結果はともかく悔いはないです。
筆記もがんばります!

サイト内の情報の無断転載を禁止します。
また、リンクを張る場合は、「採用試験突破ランド」トップページから張るようにしてください。


0回すごい!ボタンが押されました

コメント

※コメントを書き込むためには、ログインをお願いします。
New TOSSランド